なんと気さくなご主人か! 「My ウェイ」なんと読む?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

――トカナ編集部に届いた最新のスクープを紹介! 

【情報提供者】
今夜はこんにゃくさん

【スクープ内容】

 2回目の投稿です。採用されるといいな〜、お願いします!

mw1.jpg

 先日実にトンチの利いた看板を見つけました。でかでかと「My ウェイ」。
ちょっと変わった名前だなぁとしげしげ見ていました。

mw2.jpg

 「My ウェイ」と書いて「My 道」で「まいど」と読むみたいです。毎度らっしゃい!ってことなのでしょうね。

 なんだか一休さんのトンチみたいですが、思わずご主人のサービス精神にあっぱれの拍手を送ってしまいました。

 これからも面白い記事楽しみにしています。

【編集部より】

 今夜はこんにゃくさん、これは面白いですね!こういう遊び心って大事ですよね。
 なんだかほっこりとしてしまいました。

 でも「My ウェイ」ですぐに「まいど」って思いついたらかなりのIQの持ち主ですよね。

 これからも記事楽しみにしてくださいね(笑)。

 
【あなたのスクープで、読者を驚かせてみませんか?】

 トカナ編集部では、あなたの目線で捉えた日常にひそむ不思議な物体、生物、人物、事件などの情報を求めています。投稿は、コチラから!

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。