「男の子を殺し、ペニスを切り落とせ」と“神”から命令された連続殺人鬼、ジョセフ・カリンジャー!〜虐待の傷が殺人鬼を生んだ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 連続殺人鬼にはさまざまなパターンがあり、単独で殺人を犯す者が大半を占めるが、中にはパートナーを組み、殺しを行うケースもある。

 1970年代に父親と、その13歳になる息子が共に、次々と「強盗、強姦、殺人」を行った事件があった。

 父親の名はジョセフ・カリンジャー。死ぬまで「人を殺したい」という強い欲求にとらわれ、自分自身をも傷つけまくった男だ。彼は、13歳になる息子マイケルに手伝わせ、ありとあらゆる犯罪を犯した。そして、別なもう1人の息子を殺すという、人間とは思えないほど冷酷なこともしたのだった……。

 ジョセフ・カリンジャーは一体、どんな人間で、どのような犯罪を犯したのだろうか?


■ジョセフの生い立ち

josephkarinjya-01.jpg

 1936年12月11日、ジョセフはペンシルベニア州フィラデルフィアのノーザン・リベルティーズ病院で誕生。1歳の時に父親が家出、母親は彼を養子に出した。たらいまわしにされた後の1939年10月15日、ジョセフはカリンジャー家に迎えられた。しかし、夫婦は彼を育てることには興味がなく、うさばらしのため四六時中彼を虐待した。特に、養父からの暴行はひどいものだった。「殴る蹴る」「小さなとがった石が多数ある上に正座させられる」「狭くて暗いクロゼットの中に閉じ込められる」「大便を食べるよう強要される」「9 本の縄をつけた鞭で打たれる」「自傷するよう脅される」「熱いアイロンを体に当てられる」などされ、6歳の時に暴行が原因でヘルニアを発症。それにもかかわらず、養母も彼を虐待。「チンコをちょん切るぞ!」と繰り返し脅すなど、精神的にもいたぶりまくった。

 ジョセフを痛めつけたのは養父母だけではなかった。9歳の時、彼は近所を仕切っていた男子グループにナイフを突きつけられ、性的暴行を受けた。この事件がきっかけとなり、彼は自慰行為をする時、必ずナイフの刃を握り締め、痛みに歯を食いしばりながら射精するクセがついてしまった。

 壮絶な環境のなかで育ったジョセフだが、めげることなく養父母に反抗的な態度をとったり、学校の先生たちにも反抗するなど、自分の意思を主張する少年に成長していった。劇作家になる夢も持ち、学校の演劇部に所属して9年生(中学3年生)の時には『クリスマス・キャロル』を監督するなど、部活動にのめり込んだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。