「僕は何も変わらない、絶対に」恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディ

「僕は何も変わらない、絶対に」 恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディの画像1
病にかかる前のルイスさんとルーシーさん、そして息子サム君 画像は「Daily Mail」より

 アレックス・ルイスさんは、英国ストックブリッジでパブを経営するごく普通の父親であった。しかし、ある日のこと、彼はちょっとした風邪から「A群レンサ球菌(溶連菌)」に感染してしまう。あっという間にバクテリアは彼の身体を文字通り食いつくし、両足と片腕を切断しなければならなくなった――。

 これは、彼の闘いのストーリーである。


■存命率はなんと3パーセント

 ルイスさんは今年11月、A群レンサ球菌にかかったが、通常はそれほど有害なバクテリアではなく、身体内部で除去されるはずだった。しかし、ルイスさんは運悪く敗血症と毒素性ショック症候群を引き起こし、症状はみるみる悪化。主要な臓器は動きが止まり、昏睡状態で1週間を過ごした。医者は、彼が生き残れる確率は3パーセントしかない。彼は助からないと語っていたという。それを踏まえると、彼は目覚ましい回復を見せたのだが、生きるためには両足を膝の上から切断し、左腕も切断しなければならなかった。そしてさらに指先、唇、鼻、耳の先端部分も変色していたため、切断しなければならなかったのだ…。

■レンサ球菌とは?

 A群レンサ球菌は、喉や皮膚によくみられる細菌で、比較的軽度の病気を引き起こす菌だ。しかし、目視では異常を確認できない「血」「筋肉」「肺」などに入ると、致命的だ。感染者の粘液、もしくは感染した皮膚の傷や口内炎との接触を介し広がっていく。そして、バクテリアが体の免疫力を超えた時、それは致命的な感染症となる。それがまさに起きてしまったのが、ルイスさんのケースだ。しかし、これからまたもう一つの悲劇が彼を襲う。

【ルイスさんの症状は、一部の方にはショックが大きいかもしれません。ここからの閲覧は自己責任でお願いします】

■やっと残った右腕まで…

 彼の右腕は16時間の再建手術の後、何とか残せることになった。

 はじめの手術の数カ月後、ルイスさんはついに住み慣れた家に戻れることになった。しかし、そこでアクシデントが起こる。なんと、彼が家で転び、右腕をついて起き上がろうとしたその瞬間、右腕から不気味な音が鳴り響いたのだ…。

 その後の病院でのスキャンにより、彼の骨は感染症によってひどく脆くなっていることがわかった。そして、やっと残すことができた右腕も切断しなければならないことが判明したのだ。

 しかし、最後に残っていた右腕が切断されるという事態に直面してもルイスさんは落ち込まず、「ちょっとした後退だね」と言う。

 そして、彼を支えたすべての人々へのメッセージとして、「あなた方の支えに対して僕は毎日、謙虚な気持ちです。また皆のしてくれたことが大きすぎて、どれほど感謝しても、したりないと感じています。本当に素晴らしい支えをありがとう」「僕は生と死を経験し、今ここに居られるだけでとてもラッキーだ」と語っているのだ。

 彼の担当医は、ルイスさんの現状について、「彼は本当に素晴らしく、強い心を持っています」「病院でまた何か悪い部分が見つかることを少々怖がっていますが、ユーモアの精神を失ってはいません。ただ、彼は右腕全部ではなく、肘の下から切断する事を願っているのですが、それは、手術が始まってみないとわかりません。どのくらいのダメージが彼の腕にあるのかは、わからないのです」と、取材で話している。

「僕は何も変わらない、絶対に」 恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディの画像4
病院のルイスさん。彼が入院中、生存できる可能性はわずか3%と言われていた 画像は「Daily Mail」より


■ハンデに立ち向かう強靭な精神力

 今後彼は、ロンドンの南西のローハンプトンの専門ユニットへ行き、独力で生活できる技能を学ぶ。その時、初めて義足も装着する予定だ。彼は取材に対して、こう語っている。

どんなに歩きたいか言葉では表せない」「夏までに歩けるようになるかも…と思うだけで信じられない」

 息子のサムは、「お父さんが脚を付けたら、ボールを庭で蹴れるよ」とルイスさんが義足を付けることを大いに期待し、その事ばかりを話しているという。

「僕は何も変わらない、絶対に」 恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディの画像5
ルイスさんは家に戻って家族と過ごせるのが嬉しいと言う 画像は「Daily Mail」より

「僕の身体は変わったけれど、僕はそれを苦々しく思ったり、怒ってはいない。僕は、自分の精神が、病気になる前から全然変わっていないことに誇りを持っているんだ」
僕は何も変わらない、絶対に

 など、取材に応じたルイスさんは力強く現在の心境を吐露している。

 このような状況でも強い心を失わず、ネガティブにならないルイスさんは、本当に強い精神力の持ち主だと筆者は思う。夏には、ルイスさんが義足を着けて、サムと遊んでいる姿をぜひ読者に見せてほしい。

参考:「Daily Mail

文=美加リッター

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

「僕は何も変わらない、絶対に」恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル