観月ありさにヤラセ疑惑? “きな臭い”スクープ写真と、熱愛彼氏にまつわる黒い噂

関連キーワード:

,

,

 写真を撮影したフランス人パパラッチのトニー・フィトッシ氏は、『アッコにおまかせ』の取材に対し、

「観月ありさの顔は、私が香港に行った時、空港で彼女の広告を見たことがあり覚えていました。そして、先月15日に、サントロペで偶然恋人といる彼女を見かけて、これは写真を撮っておけば日本で売れるかも!? と思って、デートする様子を撮影することにしました。

 2人は私がパパラッチとは夢にも思ってなかったはず。理由は私は2人がいたビーチの専属カメラマンであるかのように、他の観光客も含めて、写真を撮っていたからです」

 …と、状況を語っているが、なんとも胡散臭い。

 芸能関係者によると「熱愛写真には3つのパターンがあります。1つ目が、本当のスクープ写真。2つ目が、カメラマンに追い回されるのを嫌い、『ここで撮らせるから、他は追わないで』と事務所がオーガナイズした写真。3つ目が、まぁ売名行為というか。写真が掲載されれば、メディアで報じられますよね。その時に、『これから○○が行われるタレントの●●さんが…』と宣伝されるのを狙ったものです。これも事務所がオーガナイズします」と教えてくれる。
 
 今回の写真は、観月と青山氏のイメージを、クリーンにするための作戦なのだろうか? そうだとしたら、失策と言わざるを得ない。
(TV Journal編集部)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ