切り落としたコブラの生首に噛み付かれて男性死亡!=中国

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 さらに40年間コブラを研究しているヘビの専門家、ヤン・ホンチャン氏は、

「爬虫類は体の一部や全体を失っても(しばらくは)動き続けます。頭部が切り落とされた時、体の基本機能は失われてしまうため、事実上死んだに等しいわけですが、それでもなお反射的な反応は残っているのです」

として、頭だけになったヘビに噛まれるという事態は十分にあり得ることだとしている。

 さて、中国では「強い毒を持つ動物を食べるほど、人間の体は強くなる」という考え方に基づき、高級食材や薬用として毒ヘビの需要が近年急速に高まっているという。しかしコブラの毒は、人を瞬く間に死に追いやる神経毒だ。たとえ噛み付かれなくても、コブラが吐きかけてきた毒が目に入るだけで、一生失明する恐れがあるという。ヘビの扱いには十分に気をつけよう。
(編集部)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ