本人が1番知らない! テリー伊藤が嫌われる本当の理由

 8月11日に放送された朝の人気情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)において、女子中学生とのLINE上のやりとりが問題視された大阪維新の会・山本景(やまもと・けい)大阪府議のニュースが扱われた。その際、同番組にレギュラー出演するコメンテーターのテリー伊藤が、このニュースを扱う中で「こいつ、キモイもん」などと発言し、話題となっている。

 山本府議は、この発言の謝罪を求めるべく放送倫理・番組向上機構(BPO)に対し、申し立てを行なうなど問題は大きくなっている。テリー伊藤は、後日放送された同番組において「同じ土俵に上がっても、何か実りがない気がしますね」などと上から目線で返したものの、この騒動に関しては、山本府議に同調する意見が多く聞かれる。もちろん、山本府議のLINEにおける行動を援護しているわけではないが、テリー伊藤のスタンスなどに対して憤慨する声が多くあがっているのだ。そして、こうした声は業界内からも沸き起こっている。

「コメンテーターとしてのテリーさんは、他のタレントや司会者が思っていても言えないことをズバっと言ってくれることからこれまで重宝されてきました。しかし、最近は深い考えも無く、感情的に言葉を放つだけなので、単に『扱いにくいタレントになった』と言われているんです」(情報番組関係者)

 たしかにテリー伊藤は『スッキリ!!』などでコメントを求められると感情的な意見が目立つ。だが、「扱いにくい」と言われる理由はそれだけではないようだ。別のテレビ関係者が話してくれた。

「テリー伊藤の最悪な部分は、推測や憶測でものを言うことです。佐世保の同級生殺害事件でも、加害少女の父親が精神科医から少女の入院を進められていたという話がありましたが、これを『父親が拒否したかもしれない』と言い出したんです。しかも、憶測にもかかわらず、拒否したという前提で父親をバッシングまでしてしまった。もう最悪ですよね」(在京キー局情報番組プロデューサー)

 現場のスタッフとしては、憶測でキレられては堪らないだろうが、さらにはテリー伊藤の性格にも迷惑しているという声もある。

「あの人は、一旦度感情的に話し始めると周囲の制止も耳に届かなくなります。これを生放送でやるものですから、テリー伊藤を使いたくない、と考えているスタッフも少なくないですね」(同)

 たしかに相当厄介な人柄ではある。だが、そこまで面倒なタレントにもかかわらず、なぜ起用され続けるのであろうか。この答えをとある制作会社の幹部が教えてくれた。

「テリーさんは、昔も今も制作会社のプロデューサーであり、演出家です。その実力もさることながら、局員への売り込み方も本当に上手なんですよ。どうしたら放送局の人間が気分良くなるのか知り尽くしているので、自分の立場が危ないと思えば、すかさず取り入ってるんじゃないですかね」(テレビ番組制作会社幹部)

 かつては、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)や『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)など、大ヒットバラエティを生み出し、天才的な演出家ともいわれたテリー伊藤だけに、今も放送局の人間とはうまいこと付き合っているようだ。

 しかし、そんなテリー伊藤もここ最近は、自分がインターネット上を中心に、あまりにも嫌われていることに悩みを抱えているという声もある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ