【日本怪事件】迷宮入りした「腐乱死体とマンホール」のミステリー

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】を隔週で紹介する…!

【日本怪事件】迷宮入りした「腐乱死体とマンホール」のミステリーの画像1


【今回の事件 多摩保母殺人マンホール死体】

 ひとつのマンホールから、汚水が噴き出ている。静かな住宅街で、それだけでも異様な光景だ。それでも、そこから凄惨な事件が発覚するとは、最初は誰も思わなかった。

 場所は、東京都多摩市貝取一丁目。小田急多摩線の永山駅と多摩センター駅の間くらいだ。周辺には公園や緑地も多く、住み心地のいい場所だ。

 そんな街のマンホールから、死体が出てくるとは、誰も思いはしない。


■凄まじい異臭を放つマンホール

 平成9年1月14日のことだった。マンホールから汚水が溢れている、という電話が多摩市役所にかかってきたのが、午前8時過ぎ。連絡を受けた下水道工事業者が現場に着いたのが、午前10時半頃だった。

 マンホールには雨水用と汚水用がある。そこは汚水用と分かっていたので、臭いがきついのは当然だ。だが、作業員がマンホールの蓋を開けると、凄まじいほどの異臭が立ち上ってきた。マンホールをのぞき込んでみると、マネキンのようなものが汚水に浸かっている。業者は警察に連絡した。

 駆けつけた警視庁多摩中央署の捜査員が見ると、それは女性の遺体だった。深さ3メートルのマンホールの底に、腰掛けるような形で遺体は置かれていた。年齢は20~40歳代、髪は短く、ワンピースにセーターを着ている。腐乱が激しく、頭と鼻などの骨が折れていた。

 歯の治療痕から、近くに住んでいた八木橋富貴子さん(当時39歳)であることが判明。彼女は、前年の2月から行方不明になっていた。司法解剖がされたが、死因は特定されなかった。

 マンホールは底に、幅25センチの溝があり、水が流れるようになっている。遺体の一部がはげ落ちて溝をふさいだのが、汚水が溢れだした原因だった。

■捜査が始まる

 青森県出身の八木橋さんは地元の短大の保育科を卒業すると、上京して、保母として働いた。最初は多摩市内の保育園、事件当時は都内北区の保育園に勤めていた。

 平成8年2月28日、八木橋さんは無断欠勤した。まじめな勤務ぶりの彼女は、それまで無遅刻、無欠勤であった。自宅にも連絡が付かず、父親が青森から上京し、警察に捜索願を出した。

 マンションの部屋には争った形跡などもなく、冷蔵庫にはイチゴや納豆が残されていた。750万円の預金のある通帳が持ち去られていたが、それがその後、引き出されたということはない。そして、平成2年と3年の日記帳が持ち去られていた。

 夜になると、その辺りの人通りは少ない。前日の午後9時には、新聞の集金人が八木橋さんと会っており、彼女はその後に出かけたと見られる。マンションとマンホールの距離は、200メートルほど。呼び出して殺害し、素早くマンホールに入れるという、極めて練られた計画的犯行だ。

 八木橋さんは、スポーティーなきりっとした美人だ。本人の結婚願望も強く、何人かの男性と付き合いがあった。金銭目的ではなく怨恨による殺害だとすると、当然彼らに疑いの目が向けられる。

 最も疑われたのは、市役所に勤めるある男性だった。マンホールの蓋の重量は約40キロ、直径は約60センチ。通常は専用の工具を使って開閉する。その男性は職務上、その工具の入手が可能であったのだ。彼の自宅は、そのマンホールや八木橋さんのマンションにも近く、当日のアリバイも曖昧であった。八木橋さんと付き合いがあったことも、本人は認めている。

 捜査本部は、一般の工具でもマンホールの蓋が開けられるかを実証し「それはできる」という結果だったが、それらの状況証拠だけで、その男性に容疑をかけるのは無理との判断に至った。「自分は潔白だ」という彼の言葉が、正しいのだろう。

 今に至るも、犯人は分かっていない。

 遺体を隠す場所として、マンホールというのは意表を突いている。マンホールは点検のために3年に1度は開けられるので、いつか遺体は発見されてしまう。この事件の場合、10カ月で発見に至った。しかしそれでも、犯人を見つけ出す手がかりは失われてしまっていたのだ。
(文=深笛義也)

■深笛義也(ふかぶえ・よしなり)
1959年東京生まれ。横浜市内で育つ。18歳から29歳まで革命運動に明け暮れ、30代でライターになる。書籍には『エロか? 革命か? それが問題だ!』『女性死刑囚』『労働貴族』(すべて鹿砦社)がある。ほか、著書はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

【日本怪事件】迷宮入りした「腐乱死体とマンホール」のミステリーのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル