妊婦流産、失神者続出! 30年間【封印】された映画『フリークス』の掟!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 オープニングで、次のような前置きが入る。「彼らは異常と決めつけられ、それゆえに彼らは常人の魔手から身を守るための自分達の掟を作り上げ、厳しくそれを実行したのです。一人の傷は全員の傷。一人の喜びは全員の喜び。これからお見せする物語は、彼らのその掟に基づいたものです」。掟……衝撃的なシーンばかりが注目され、ホラー映画の範疇で語られることもある『フリークス』だが、ここに彼らを知る監督の主題が込められているように感じる。ちなみに、日本公開時のタイトルは『怪物団』だった……。

『フリークス』
1932年・アメリカ
監督/トッド・ブラウニング
出演/ウォーレス・フォード、ハリー・アールスほか


■天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究 家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある
ウェブ連載・幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

★天野ミチヒロの封印映画レビューまとめ読みはコチラ

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?