ヒルサイドの絞殺魔 ― 12歳を強姦、洗濯洗剤注射拷問…、最恐に後味が悪い連続殺人事件の顛末!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■長時間に及ぶ拷問を加えて殺害するように

christin.jpg
犠牲者、クリスティン「murderpedia」より

 少女たちの遺体が発見されたこの日の夕方、グレンデールをハイキングしていた人たちが全裸の女性の遺体を発見した。被害者の名はクリスティン・ウェックラーという20歳の学生で、アンジェロとケネスの7人目の犠牲者だった。激しく強姦された上に殺害されたクリスティンは、これまでの被害者とは異なり、拷問された痕が残っていた。腕には無数の注射痕があり、司法解剖の結果、強力な洗濯洗剤を大量に打たれていたことが判明。しかし、死因は窒息死でありクリスティンは長時間もだえ苦しみながら死んでいったことが明らかになった。

 11月28日、2人は18歳の学生ローレン・ワグナーを拉致し、強姦するだけでなく手から電流を通すなどの拷問を加え首を絞めて殺害。人目のつくところに全裸のまま捨て、遺体は翌日に発見された。遺体の一部は電気をながされたせいで焼けているという酷いものだった。ローレンの遺体を見て捜査をしていたロサンゼルス市警は、「この連続強姦殺人事件の犯人は一人ではなく、二人だ」と確信。メディアは、次々と発見される若き女性たちの遺体が、ロサンゼルスを見下ろすグレンデール・ハイランドパーク付近の丘陸地帯に「見つけてください」と言わんばかりに放置されていることから、「ヒルサイド・ストラングラー」の事件として大々的に報道した。

 警察の必死の捜査やメディアの連日の報道をあざわらうかのように、アンジェロとケネスは犯行を続けた。2人は足がつきにくいと思ったのか、ターゲットを娼婦に戻し、9人目の犠牲者として17歳の売春婦キンバリー・マーティンを拉致、強姦。彼女の全体遺体は12月13日、ヒルサイドで発見された。その後、2人は大人しくしていたが、1978年1月に母親を亡くしたアンジェロが精神的に不安定になり、再び女を強姦して殺したいと切望。10人目の犠牲者となった20歳の女子大生シンディ・ハズペスは、2月16日に全裸でエンジェルス・クレスト・ハイウェイ側の崖から投げ捨てられた状態で発見された。


■コンビを解消し、改心したかに思われたケネスだったが…

kenesu.jpg
ケネス「YouTube」より

 全米を震撼させた「ヒルサイド・ストラングラー」のアンジェロとケネスだったが、あっけなくコンビを解消した。10人目の犠牲者を殺害した1週間後に、ケネスと交際していた彼女が出産したのだ。彼女は実家があるワシントン州に戻り子供を産み、彼女に未練があったケネスは家族になりたいとワシントンへ移住。警備員としての職を得た後、同州ワットコム郡警察が予備警察官を募集しているのを知り応募。見事通り、長年憧れていた警察官に一歩近づいたと大喜びし、彼女もケネスの努力を認めてくれた。

 しかし、ケネスはウソつきで盗難癖があり、おまけにアンジェロと10人もの女性を強姦殺害してきたとんでもない男。拷問を加えられ苦しむ被害者の姿を見て、脳天が痺れるような快感を覚えてしまっていた。そんな彼がいまさら真面目な人生など歩めずはずなどなかった。1979年1月12日、ケネスはウエスタン・ワシントン大学に通う22歳のカレン・マンディックと27歳のダイアン・ワイルダーに、1万円あげるから警備している邸宅の留守番をして欲しいとバイト話を持ちかけ、邸宅の地下室で強姦、拷問、絞殺。遺体は車に乗せ、その車は林の中に放置した。

 アンジェロなしで、1人きりで行った犯行だったからか、ケネスは現場に遺留品を残してしまった。彼女たちに声をかけるところもばっちりと目撃されていた。警察はすぐに遺体が乗せられた車を発見し、それがケネスが運転していたものだと特定。家宅捜査したところ、キンバリー・マーティンとヨランダ・ワシントンが身につけていたジュエリーが発見されたため、「ヒルサイド・ストラングラー」の一人と断定。ケネスは逮捕された。

アンジェロはケネスがいなくなった後、単独では殺人事件を起こすことなく大人しくしていたが、1979年10月22日、ケネスが「アンジェロと一緒に強姦殺人した」と自供したため「ヒルサイド・ストラングラー」の片割れとして逮捕された。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。