前身はナチス人体実験! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」は日本でも実行された!?

■キリスト教系カルト教団「人民寺院」の集団自殺

前身はナチス人体実験! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」は日本でも実行された!?の画像1画像は、YouTubeより。

 かつて世界を震撼させたカルト教団による集団自殺事件があった。

 1978年11月28日、南米のガイアナにおいて共同生活を送っていたアメリカのカルト教団「人民寺院」。その信者が、教祖ジム・ジョーンズの指示により集団服毒自殺した。ジム・ジョーンズも拳銃で頭を撃ち抜いて自殺。死者は1,000人近くにものぼり、累々と横たわる死体の山の映像は全世界に恐怖を与え、終末の様相を彷彿とさせた。そして、この事件はカルト教団の恐ろしさを人々の心に焼き付けたのだった。

 一見すると、ただのカルト教団の教祖の妄想に巻き込まれた集団自殺事件にしか見えないが、実はこれが仕組まれた陰謀であるという説はご存知であろうか?


■「MKウルトラ」とは?

 CIA(アメリカ中央情報局)は戦後、ナチスの科学者を招聘して、ロケット開発をはじめとするさまざまな研究実験を行った。これが「ペーパークリップ作戦」だ。その中で、朝鮮戦争において、米の捕虜が洗脳によって共産主義を信じ込まされたことに注目し、洗脳に特化した計画として立ち上がったのが、1953年~1960年代後半にかけて実践された「MKウルトラ」である。当初の目的は洗脳の研究やスパイの自白薬の開発であった。しかし、やがて、人間の精神を意のままに操って殺人マシーンに変え、忠実な兵士として戦争に利用したり、冷徹な暗殺者に仕立てあげるといった洗脳計画に発展していったといわれている。

 この計画の公式の責任者はCIAのドナルド・ユアン・キャメロン博士で、この計画に参加した研究者は数百人にものぼるという。彼は、別次元の宇宙世界から飛来し、人類を創世したとされている「レプティリアン(爬虫類人)」家系(スコットランド)出身のエリートだっという噂もあるのだが、性格はとにかく冷徹で残忍だったといわれている。『フランケンシュタイン』に影響されて精神科医となったというから、筋金入りのマッドサイエンティストだったのだろう。そんな彼に、CIAは60,000ドル以上を研究費として支払ったとされている。ちなみに、彼に記憶喪失にさせられたリンダ・マクドナルドという女性は、実験によって完全に記憶を消され、夫も子どものことも思い出せなくなっただけでなく、トイレの使い方までわからなかったという。また、科学者たちは互いに開発したLSDを用いて、自分で人体実験を行うこともしたが、のちに一般人も巻き込んだという話もある。
 
■壮大なる洗脳実験場となったカルト教「人民寺院」

「人民寺院」はジム・ジョーンズによって、1955年に設立され、カルフォルニア州サンフランシスコに拠点を置いていた。「人種差別撤廃」を掲げており、実際に信者の8割以上が黒人などの有色人種で占められていた。教団は貧しい人々に食事や寝場所、仕事などを与えて救済し、身寄りのない高齢者のために福祉施設も建設した。

 ジムは演説がうまく“妙な”カリスマ性があった。そして、怪しげな神霊治療のパフォーマンスで人々の心を惹きつけていった。やがて富裕層も信者に取り入れて「人民寺院」は巨大な宗教団体に成長していったのだった。

 だが、教団のために財産を差し出したり、家族を捨てたりする信者が数多く出てくると、社会問題に発展するものだ。世間の教団に対する圧力は当然、高まった。ジムが信者に性的虐待をしているというスキャンダルも出た。そして、白人信者は黒人信者の性器を舐めるよう指示したことが大きなきっかけとなり、脱退者が急増。教団に対する避難の声がも高まるなか、ジムは信者を連れて逃げ出し、ガイアナのジャングルに「ジョーンズタウン」という楽園を建設したのだった。

 実は、CIAはガイアナに移住する前から「人民寺院」に目をつけ、実験場として利用しようとしていたという。そして、「人民寺院」を操るためにCIAのスパイを送り込み、ジムが発狂するように心理操作したのだ。そして、集団自殺という未曾有の大惨事に導くように導いたという…。

 だが、奇妙なことに「ジョーンズタウン」の犠牲者はすべて自決とされていたが、後の検死によれば数百人しか自決していないという。また、事件当初、約400人と報告された死者の数は、最終的に1,000人近くまで増えたのだ。これは、死体が折り重なっていたため、数え間違いとされていたが、そんな間違いがあるだろうか? 口封じのために殺害されたと見るほうが妥当かもしれない。ちなみに、MKウルトラ計画に携わっていた博士の中にも、LSD実験によって自殺した者がいる。


■そして実験場は日本へ…

 カルト教団と聞いて日本人が真っ先に思い浮かべるのは、「オウム真理教」ではないだろうか? 「オウム真理教」は、人類史上初めての「化学兵器テロ」を都市部で起こし、世界を震撼させた。13人が死亡、6,200人以上が重軽傷を負った。善良な人々が犠牲になったこの事件。これもCIAが絡んだ実験の1つに過ぎなかったという陰謀説があるのだ。

 「オウム真理教」の教祖・麻原彰晃は、空中浮遊のパフォーマンスを見せて話題を集めた。さらに新興宗教ブームに乗って積極的にメディアに露出することにより、一躍人気の宗教団体となったのだ。
 
「オウム真理教」は、全財産を差し出して、すべてを捨てて教団に身を捧げることが最高の幸福のように信者に思い込ませた。そうなると、家を出て入信した家族を救い出そうとする身内の動きも出てくる。だんだん、社会から問題視された「オウム真理教」は犯罪集団となり、地下鉄サリン事件という恐怖のテロを起こしてしまったのだ。

 カルト教団が人々の支持を得て巨大化し、しだいに力を持つようになる。やがて注目が高まればそれとともに批判の声も高まる…。教祖と信者の狂信的な暴走が激化し悲劇的な結末を迎える…。

 そう、「人民寺院」も「オウム真理教」もディティールは違うものの、大きな流れとしては似ていないだろうか?

 さらも「MKウルトラ」では、人体に電流を流したりLSDなど薬物も投与するなど、様々な肉体的な苦痛を与えて実験したとされるが、同様に、オウムも信者に対してLSDを投与したり、電流が流れるヘッドギアを装着させて洗脳させていた。それ以外にも、修行と称して肉体的精神的に苦痛を与えていたのである。あくまでも陰謀説であり、オウム真理教が「MKウルトラ」での実験を調べて模倣した可能性もあるが、いずれにせよ、「MKウルトラ」がこの教団に大きな影響を与えている可能性はあるだろう。

■救世主によって滅亡させられる人類

 「MKウルトラ」は、1967年には活動が縮小し、1973年に正式に打ち切られたのだが、現在に至るまで、一部の組織の間で密かに計画は続行中だと言われている。

 彼らの仕業である可能性が疑われる事件の中には、ドラッグ密売撲滅運動を推進していたロナルド・ウィルソン・レーガン大統領の暗殺未遂事件。世界平和を歌っていたジョン・レノンの暗殺。さらに、168人が死亡し、多くの重軽傷者を出したオクラホマシティ連邦ビル爆破事件だ。この大規模な爆破テロも「MKウルトラ」によって作られた殺人マシーンによるものだという陰謀説もある。


■人工ハルマゲドンで人類滅亡か?

 また、恐ろしいことに、MKウルトラを前身とした「闇の勢力」は聖書の終末思想の通りに人工ハルマゲドンを起こそうとしていると言う。

 まもなく、恐るべき吸引力を持った救世主と名乗る教祖が誕生するかもしれない。人類のほとんどがそのカルト教の信者となり、教祖の説く終末思想を信じるのだろう。そして、教祖の掛け声とともにほとんどの人類が自殺するという自滅による滅亡が起こるかもしれないのだ。

 新時代の教祖は、カルト教から生まれるとは限らない。時代のスーパースターのような隠れ蓑を被り、善良で光り輝く姿をしているかもしれない。おそらく我々が今まで想像しているような教祖の姿形はしていないだろう。

 そう、我々は新たなる救世主に導かれて滅亡の道に進むのだ。

文=白神じゅりこ

★白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。

白神じゅりこ運営のYou Tubeチャンネル『滅亡ちゃんねる』
執筆記事の解説など、旬な都市伝説・オカルト・スピリチュアル情報を発信!

DEEP RED YouTubeチャンネル『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』

ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

 

白神じゅりこの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

前身はナチス人体実験! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」は日本でも実行された!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル