• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

BCTION

,

廃ビル

 東京・麹町にある取り壊し予定のビルを丸々一棟を使って、美術館として利用したアートプロジェクト「BCTION」が、9月27日(土)、28日(日)の2日間限定でアンコール開催される。「BCTION」とは、1つのアクション「A」が次のアクション「B」を促すようなクリエイティブが連鎖して膨らんでいく様子を「Action」×「Action」=「Bction」と名づけたことに由来する。

 このプロジェクトは、美術家の大山康太郎と写真家の嶋本丈士が主宰し、70組以上の若手アーティストたちが、壁や天井、床など、建物に残された全てを利用して、思いのままに芸術を表現。8月31~9月15日までの会期中には1万人以上が来場し、都市のデッドスペースに新たな価値付けをするストリートアートプロジェクトとしてさまざまなメディアでも取り上げられ、大きな話題を呼んだ。会期中に来場できなかった人の要望の声に応え、このたび追加開催される運びとなった。当日は、LIVEペイントやLIVEパフォーマンスなどの催し物も予定されているという。詳細はHP<bction.com>をチェック!

【圧倒的異空間の様子の一部を動画でチェック!】

 アーティストたちのエネルギーが詰まったこの空間に佇むだけで、何か今までと違う自分を発見できそうだ。

動画は、YouTubeより
動画は、YouTubeより
動画は、YouTubeより


■“BCTION”アンコール開催
【場所】
東京都千代田区麹町5丁目3-23 ニュー麹町ビル
(全9フロア。ビルは10月1日以降に取り壊し予定)
【日時】
9月27日(土)13:00~20:00
9月28日(日)13:00~20:00
【入場方法】bction.com経由で無料入場チケットを入手
【登録URL】 http://peatix.com/event/52584/ (bction.com経由でも登録可能)
【入場料】無料
オフィシャルサイト<http://bction.com/
Twitter <https://twitter.com/BCTIONJAPAN
YouTube <https://www.youtube.com/channel/UCqO0ldGWd8KO0QwJ2m0nMIQ

■参加アーティスト
AKIKO NAKAYAMA / ARARA SASAKI / ARUTA SOUP / ARUTO WATANABE / BAKIBAKI(DOPPEL) / BONNIE LOVELY / BORUTANEXT5 / CHING NENG / COLORGUNG /DRAGON76 / EMI NISHIYAMA / EXONEMO / FISHU(MASSIC inc) / FRANKIE CIHI/ GRAVITYFREE / HAMADARAKA / HIDEYUKI KATSUMATA / HIZGI / HOUXO QUE /IMAONE (THA) / JOJI SHIMAMOTO / JONJON GREEN / KAC / KAMIZATO MAMI /KAZ / KAZUMICHI MARUOKA / KEIGO FUKUGAKI / KENTA KAIDO / KLEPTOMANIAC/ KOMESENNIN / MAO SIMMONS / MEGURU YAMAGUCHI / MICHINORI MARU /
MOGURAI3 / MON (DOPPEL) / MUGIO AOKI / MΛNJI (SSSK) / NIGAMUSHI /NOVOL / OKI-CHU / OLEO (RtypeL) / ONEZKER / R RYOIKI (RtypeL) /ROKAPENIS / RYOHEI / RYUICHI OGINO / SAKI KATSUME / SAMAYA DESIGN / SD duet with NUKEME / SHINJI / SHINTARO NISHIHASHI / SHOGO IWAKIRI /SHOHEI / SHUNSAKU NISHINABE / SKD / SOH (THA) / SORYO MATSUMURA /SUWASAYAKA (SSSK) / SYUNOVEN / TAIKI KUSAKABE / TAKERU IWZK / TORU MATSUSHITA / TWO-A / USUGROW / WHOLE9 / YANG02 / YASUNORI KIMATA /YOHEI TAKAHASHI / YOSHIMITSU UMEKAWA / YU SODA / YUDAI NISHI /81BASTARDS(JUN INOUE / MHAK / OT / SAND NAOKI /YOSHI47)

■主宰者プロフィール
<大山康太郎>
1979年生まれ。奈良県出身の美術家。京都市立芸術大学卒。ライブペイントパフォーマンス、壁画制作を軸に、インスタレーション、キャンバス作品などを発表している。紋様を軸に様々な要素を組み込んだ作風が特徴的で、特にネイティブジャパニーズ・アイヌと、ネイティブアメリカン・ハイダから強く影響を受けており、古代の寺院から引用した極彩色パターンとLEDライトの組み合わせにより展開する壁画シリーズ「NEXTEFX」では、絵画における空間の支配力を高めるべく、壁画を一部屋丸ごと描く事で空間の視覚的操作を実験している。また、2001年に結成したライブペイントチーム「DOPPEL」での活動を通して、シーンのパイオニア的存在として認知されている。
<http://www.koutaroooyama.com/>

<嶋本丈士>
1983年生まれ。千葉県出身の写真家。2007年Academy of Art University,SanFrancisco,CA写真科卒業。写真家、クリエイティブディレクター在米中にアメリカで数々の写真展を開催、企画する。2008年に帰国後は新宿のThe ArtcomplexCenter of Tokyoで大規模な写真展を開催。2009年にSTUDIO VOICEの別冊として発行された「日本の100人の写真家」にも選ばれ、近年ではラフォーレ原宿やBLUE NOTE TOKYOでの写真展示、ニューヨークで開催されたNEW CITY ART FAIRのメインイメージ写真に使われるなど、自身のアート活動も精力的にこなす。作品はその場の匂いや、音、湿気までも感じさせる。まるでLPレコードの針のノイズのように、安らぎと懐かしさを感じさせてくれる。また一瞬を切り取った写真は、前後のストーリーが映画のように想像できる。観る者の感性が呼び覚まされるような希有なフォトグラファーである。
http://www.jojishimamoto.com


■協賛
株式会社インヴァランス
ターナー色彩株式会社
株式会社アスプルンド
株式会社gloops
株式会社デザインワークスプロジェクト

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。