8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ! ― ウィーンの少女神隠し事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■地下室の永遠の10才

 彼女の語るところでは、地下室での日々は、ほとんど同じメニューの繰り返しであったらしい。まず、プリクロピルと一緒に朝食をとる。彼が仕事に出かけると、本を読んだり、テレビを観たり、ラジオを聴いたり─。

NATA06.jpg画像は、事件を紹介した「chaosweib」より

 本やビデオの助けを借りて、編み物や料理などを独学し、さまざまな家事もこなした。夜は夜で、帰宅したプリクロピルとのたわいのない会話に費やされたようだ。ここで、囚われの姫君の閨房ならぬ地下室の様子をご覧いただきたい。「地下室」という言葉がかもしだす、一種、陰惨なイメージはどこにも見当たらない。ほっと息をつきかけて、しかし、次の瞬間、何かひっかかるものを感じるのは、筆者だけではないだろう。

 この部屋は明らかにキッズ・ルームであって、誘拐犯がナターシャに求めたものを、無言のまま物語っているかに思える。

 彼は、少女が生きたコレクションとして、永遠に10才のままでいることを望んでいたのではあるまいか? その間接的な証拠の1つに、プリクロピルが、成長期の肉体が求める食事を十分にあたえなかった事実がある。繰り返すが18才の解放時の体重は、誘拐時とほぼ同じ42キロだった。

 もう1つは、ナターシャが後に『自伝』で明かしたように、容疑者が少女に性交を強要しなかった点だろう。キスや愛撫といった軽い性的な接触はあったものの、彼は決して無理やり少女の身体を奪おうとはしなかったのだ。


■なぜ逃げなかったのか?

 事件の全容を解明すべく、捜査当局はナターシャから繰り返し事情聴取をおこなったが、いまだ、多くの謎がそのままになっている。筆者も含めておそらく読者がもっとも不思議に思うのは、8年半ものあいだに、逃げる機会がまったくなかったとは考えられず、隙をついて、なぜ逃亡を試みなかったのかに集約されるだろう。また、にもかかわらず、8月のある日、突然、逃げ出した理由…。

 こうした当然の問いに、ナターシャは「もう少しでいいから、独りにしておいてほしい。たくさんのひとびとが自分を心配してくれるのは嬉しいけれど、すべてをうまく説明できるようになる時がくるまで、とにかくそっとしておいて欲しい、時間が欲しい」と答えている。


■手記『3,096日』を刊行

jpeg0929.jpg画像は、『3,096 Days』(Penguinより)

 …そして、時がすぎた。解放から5年後の2010年9月、ナターシャは幽閉の日々を克明につづった手記『3,096 Days』を出版した。それは「人生の一部」であった容疑者に対する深い思い入れと、それとは明らかに矛盾する、警察の杜撰な捜査に対する憤りが混在した、奇妙な書物だ。

 ここから、脱出にまつわるエピソードを引いてみよう。18才になったとき、彼女は彼に解放を持ちかけたという。そしてどうやら、男は長い蜜月の終わりを受け入れたものらしい。それから数週間後、プリクロピルは電話をとるために、彼女を1人、わざと庭に残した。ナターシャが逃げ出したのは、この時だった。

『3,096 Days』は映画化され、ナターシャは翌年、その印税と全国各地から届けられた寄付金を使って、スリランカに小児病院を建設した。

 事件以来、彼女は不安定な精神を抱えながらも、社会生活に適応しようと努力をつづけ、2010年には22歳で大学を卒業している。現在、26才。彼女の心の傷が一刻も早く癒えることを祈りたい。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年10月9日 09:18 | 返信

これは販促のための記事だよね?
事件の真相が何も見えてこないもん。

2:匿名 2017年9月14日 17:32 | 返信

本当だ、同意

1:匿名 2016年2月17日 13:11 | 返信

最後の一文がいらない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。