医学研究目的の“見え過ぎる”アダルト動画! セックス中のMRI映像が魅せる「人体の神秘」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■性行為に関する根拠のない通説を正す

mriscanner1.JPG性交時の人体 画像は「YouTube」より

 これらの映像の数々は、実は1960年代にオランダのペク・ヴァン・アンデル医師がフローニンゲンの病院で、当時最新鋭のMRI機器を用いて撮影したものである。医学史上前例のないこれらの映像は、長らく世の中に公表されることがなかったが、撮影したアンデル医師に賛同した産婦人科医のウィルブロード・ウェイマー・シュルツ教授、人類学者のアイダ・サベリス氏、放射線技師のエデュワード・モーヤート氏による研究チームが後に結成され、これらの映像をもとに解剖学的見地からの研究が行われたのだった。

 そして1999年に、その研究はイギリスの医学誌「BMJ(ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル)」に掲載され、斬新でありながらもあまりにも奇妙な研究として、注目と好奇の目を集めることになった。

 医学界の本流からはあまり評価を受けなかったものの、研究は性行為に関する根拠のない通説を正した意義もあった。1933年のロバート・ディッキンソン氏による「性交時のペニスは女性器の中でS字形に湾曲している」という説や、1964年のウィリアム・マスター氏らによる「性交時は子宮が膨張している」という説は、この研究によってどちらも誤りであることが判明した。この映像を見れば一目瞭然で、2つの仮説はまさに一刀両断にされてしまったのだ。そしてこの研究は、予想以上に医学界外の話題を集め、翌年の2000年に「イグ・ノーベル医学賞」の栄誉(!?)に輝いたのである。

 今回「Vox」の特集で再び脚光を集めることになったこれらのMRI映像だが、被爆が避けられないX線レントゲン撮影に対し、人体に全く無害のMRI検査が見直されるきっかけにもなっているということだ。今後MRI機器の性能が向上すれば、人体に無害であるMRIは医療分野以外の活用もじゅうぶんあり得るだろう。やや気が早過ぎるが(!?)その時、いったいどんな映像が撮影されるのか今から楽しみである。
(文=仲田しんじ)

「Improbable Research Collection #119: MRI Sex」 動画は「YouTube」より

参考:「Daily Mail」、「Mirror」ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。