• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 1990年1月22日。豊かな森林に恵まれたオレゴン州ポートランドの高速道路横の林に、若い女性が半裸で倒れているのを、車で通りがかった大学生が発見した。

■崩れた顔と、ウォークマン

body5.jpg
発見された場所付近「YouTube」より

 下半身を露出した状態で横たわっていた女性の首にはロープが巻かれており、強く絞められた痕が残っていた。遺体には繰り返し殴られたどす黒い痕もあり、特に顔を集中的に殴られていた。あまりにもボコボコに殴られていたため、顔面は原型をとどめておらず、白人なのかネイティブ・インディアンなのかも見分けがつかなかったそうだ。司法解剖の結果、被害者は強姦や性的暴行を受けていたことも判明した。

 遺体の近くにはウォークマンのイヤフォンと、被害者のものと思われるジーンズが落ちていた。ジーンズの股の部分は綺麗に切り取られていた。遺体には被害者のものではない1本の髪の毛が付着していたが、毛根はついておらず捜査員たちは落胆した。被害者は身元判明につながるようなものを身につけていなかったため、警察はメディアに事件を公開。身元特定を急いだ。

 公開後間もなく、22歳の娘と連絡がとれないという女性から連絡が入った。


■難航する犯人探し

victim-1tanya.jpg
被害者トーニャ「YouTube」より

 娘の名はトーニャ・ベネット。精神的に幼かった彼女は、常にウォークマンを持ち歩く明るい女性で、人を疑わずよくヒッチハイクをしていたそうだ。最後に目撃されたのは、ポートランドのバー。男性2人とビリヤードで遊んでいたが、いつの間にか彼女1人だけいなくなっていたという。

 遺体はこのトーニャであることがすぐに確定されたが、加害者探しは難航した。警察が最初に疑いの目を向けたのは第一発見者である大学生の青年。しかし学生にはアリバイがあり、すぐにシロとなった。一緒にビリヤードをしていた男性2人が、トーニャと待ち合わせて強姦、暴行した上で殺害した可能性があるとも見られたが、男性2人は新顔だったため、誰なのか、どこへ行ったのかも情報が出てこなかった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。