人類念願の「エラ呼吸」がついに実現!? 酸素を集めて放出する、夢の新素材が開発される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■人類念願のエラ呼吸が実現!

rebreather3.JPG画像は「YouTube」より

 部屋中の酸素を「スプーンひと匙」ほどに集約できるというこの新素材は、空気中のみならず水の中でも運用できるということだ。

「この素材をほんの少量だけ携えて海に潜れば、周りの水から酸素を吸収してダイバーに供給することができます」と語るマッケンジー教授だが、もし実用化されれば、まさに『007』の世界が実現されることになる。映画ファンを魅了したジェームス・ボンドの海中アクションは、もはや映画の中だけの絵空事ではなくなったのだ。

『ドラえもん』のひみつ道具でも「エラ・チューブ」という鼻の穴に詰めるタイプのガジェットあるが、この新素材を使った“水中呼吸”機が「007型」になるのか「ドラえもん型」になるのか、あるいは全く別の形状になるのか、今からとても楽しみである。
(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」、「Phys.org」ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。