松本人志が霊能者をニセモノだと気づいた瞬間が秀逸!

松本人志が霊能者をニセモノだと気づいた瞬間が秀逸!の画像1画像は、『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成”』(よしもとアール・アンド・シー)

 芸能人と洗脳。数年に一度は、誰かしらが話題にあがる。近年では、X JAPANのTOSHIやオセロの中島知子がその最たる例で、TOSHIに至っては「家族の強欲さ」「歌手としてのプレッシャー」から、自己啓発セミナーに洗脳され、12年間で15億円以上を支払ってしまったくらいだ。

 そんな芸能人と洗脳について、『ワイドナショー』(フジテレビ)にてタレントたちが語った。

 坂上忍は「出る側の人間はメンタルバランスをとるのが大変。一つでも信じれるものがあれば、その方が楽」と、洗脳される芸能人の心情を分析する。

 実際に松本人志には、そのような人が近づいていた。

「『人の死がわかる』『霊もはらえる』という人がいた。その人がしょっちゅう(ウチに)訪ねてきて、言うことをちょこちょこ聞いてしまったりする自分がいた。ただ、その人と会食の日にドタキャンされて」

「『知人が亡くなった』と。それで『お前、人の死わかるって言ってたのに』」

 アレッ、こいつ違うわ!

 …と、目が覚めたと語る。

 当時の松本は「目指す人がいないから、どこを目指していいか分からない」と悩んでおり、そこにつけ込まれそうになったのでは…と、振り返った。

「霊能者のウソを見抜いてしまった人のエピソードはほかにもたくさんあります。生きている人を守護霊だと言ってしまうミスであったり、毎回(相談者の)守護霊や前世がコロコロ変わってしまって、言っていることに一貫性がなくなってニセモノだと気づいたり。単純に、何も当たらなかったり。先日ある人に聞いた話では、霊能者に見てもらったところ『アンタ、もやもやしてるね~』と終始言われ続け、確かにその人はもやもやしていたから霊能者の所に行ったわけなんですが、何の解決法も示されずに最後まで『このモヤモアはいかんよ』…といった話で終わってしまったというのです。そして次に待っていた人にも『アンタ、もやもやしてるね~』と言っていたそうですよ。典型的なコールドリーディングで、ニセモノだと確信したと語っていました。ただ、中には本物がいるのも事実です。知人がある霊能者に相談したところ、恋人の浮気と、浮気相手との同棲先まですべて当たっていたそうですよ」(スピリチュアルに詳しいライター)

 番組ではその後、東野幸治が間髪入れずに洗脳についての熱弁を始める。

「(大御所から勧誘されるのが)それが、一番困るんですよ。『ええから、お前らも来いや』と。楽屋来て『ちょっとええか。こういうのがあんねん』と。そしたら、(セミナーに)行きますよ。わざわざ楽屋まで来てくれたから」「(大御所から誘われたら)聞くフリしないと、立場もあるし」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ