親友は犬!? 小人症の馬が可愛い過ぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

■小人症とは一体何か?

dwarfismhorse2.JPG映画「オースティン・パワーズ」で一躍有名になった「ミニ・ミー」ことヴァーン・トロイヤー氏。身長は81cm!!(『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』予告編より) 画像は「YouTube」より

 小人症といっても、その症状は様々であり、外見も全く同じではない。その原因は遺伝子や内分泌異常、骨の疾患や幼児期の栄養失調など諸説あり、どれくらいの確率で発生するのかも定かではない。一般定義としては成人の場合、身長が147cm以下の人を小人症としているようだが、現在、小人症と言われる人々の平均身長は約123cmだという。

 また、南米のエクアドルや中国の四川省には「小人村」と呼ばれる、村人のほとんどが小人症である地域も発見されている。治療法には成長ホルモン療法というものがあるが、小人症の患者は重度の合併症を患っていることが多く、根本的な治療法は未だ確立されていない。

 しかし、その特異な容姿から近年では映画やテレビ番組で大きな賞を受賞する俳優や、小人症の家族の暮らしぶりをドキュメンタリー番組として放送し、一躍有名になった家族も存在する。

 小人症の人たちは他の疾患を複数抱えているケースも多いため、その寿命は短いといわれているようだが、エイサーはどうなのだろうか。映像では、エイサーが内臓疾患などを抱えているかどうかは明らかにされてはいなかったが、その可愛らしさで多くの人に愛されながら、穏やかに暮らしてほしいと切に願う。
(文=清水ミロ)

参考:「YouTube」ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。