【驚愕】その昔、ザキヤマは無口だったことが判明!

【驚愕】その昔、ザキヤマは無口だったことが判明!の画像1画像は、『アンタッチャブル山崎のゆる~い関係』(アニプレックス)

 流行語大賞を生み出すなど、社会現象ともなった番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ)。爆笑問題やくりぃむしちゅー(当時:海砂利水魚)やアンジャッシュなど、現在のTVを盛り上げているお笑い芸人たちが勢ぞろいしていたので、高視聴率も当然といえば当然だが、そんな尖っている若手時代の芸人たちをまとめていたのがヒロミである。

 そのヒロミが、当時、カチンときた芸人の名前を明かした。

 それは意外にも、「あざ~す」など軽妙なノリの芸人としてポジションをつかんでいるアンタッチャブルの山崎弘也だという。先輩に生意気な態度をとらなそうな山崎になぜカチンときたのか。その理由をヒロミが10月26日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)にて明かした。

「ボキャブラやっている時、こんな無口なヤツはいないと思った。まったく喋らない。トークを振っても(斜に構えている)。『誰に憧れてんの?』って聞いたら『ダウンタウンの松本(人志)さんです』って。ボキャブラの時の半分くらいはダウンタウンの松本派で、憧れているワケ。そうすると喋んないんだよ。『お前、何がしたいんだよ?』って感じでしょ」

 ヒロミ曰く、山崎を含め、松本に憧れるお笑い芸人たちは、斜に構えた気取ったキャラだったらしく、その態度にカチンときていたという。

「(松本は)喋んないワケじゃないんだよ。でも、若いのはイメージで『そういう場じゃ(笑いをとる場でなければトークしない)』『必要な場じゃなきゃ喋んない』って。だから、ザキヤマが『あざーす』って(キャラでTVに)出てきた時、『コノヤロー』って思った」

■芸人は感染してはいけない「松本病」

 ヒロミの指摘に、東野幸治も「松本病ってありましたね」「松本病にかかって、死んでいった芸人はいっぱいいる」と同調する。

 そんな松本病にかかっている芸人以外にも、ヒロミがイラっとするのが「カンペだけを見て司会進行している後輩」らしい。となると、爆笑問題の田中裕二あたりだろうか。

 有吉弘行との共演NGはガセであったが、ヒロミの復活は、その歯に衣を着せない発言から、にわかにお笑い界が活気づけている。

 実はヒロミは、勝俣州和同様に、大御所たちと絡みのあるタレントである。ヒロミをきっかけに、ダウンタウンととんねるずが共演する番組ができる…というのも、ありえない話ではないのかもしれない。
(TV Journal編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ