【ブラック・ダリア】生きたまま胴体を切断された22才の女優志願者エリザベス ― 前例なき未解決怪事件の全貌とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

石川翠のワールド・ミステリー・シリーズ 

※2ページ目以降は過激/グロテスクな画像を含みますので、ご注意ください。

1105blackdali_01.jpg
※画像:「Elizabeth Short (Black Dahlia) Tribu...」―YouTubeより

■冬枯れの野に散り咲きし「黒きダリア」

 1947年1月15日、午前10時頃のことだった。現場は当時、「悪徳の都」と喧伝されていた魔都ロサンゼルス─。あのハリウッドから車で10分ほどの住宅地での出来事だ。散歩中の女性が、ノートン通り沿いの空き地を通りかかった際に、<それ>を見つけた。枯れ草の上に投げ出された、一体の素っ裸のマネキン人形…。<それ>は、上半身と下半身が見事に両断されていた

 戦後まもない全米を震撼させた「ブラック・ダリア事件(The Black Dahlia Murder)」─。アメリカ史上難解なミステリーの1つとされる戦慄と驚愕のラビリンスはこうして、そのステージの幕を切った。発生から67年、いまなお謎のヴェールにつつまれた奇怪なコールド・ケースについてご報告しよう。


■凄惨この上なき亡骸

 被害者となったのは、当時22才のエリザベス・ショート。ロサンゼルスのビルトモア・ホテルのドアマンが最後に目撃した同年1月9日以来、彼女は行方知れずとなっていた。

 その6日後、褐色の冬草におおわれた、さびしい空き地で、真っ二つにされた全裸死体が発見された。散歩者が最初、これをマネキンと勘違いしたのは、全裸のせいでもあっただろう。だがなにより、<それ>を人間の遺体と認識できなかったのは、腰からきれいに切断されていたためだ――。

※2ページ目以降は過激/グロテスクな画像を含みますので、ご注意ください。

コメント

2:匿名2018年10月19日 00:11 | 返信

>大理石を思わせる死体のすべらかな白い肌は、乳房や大腿の赤黒い傷を一層際立たせていた。

もう遅いと思うけど「滑らか」と書いて「なめらか」だよ「すべらか」ではない
もう少し書籍を読んで知見を高めてからものを書いた方がいいと思う

1:匿名2017年6月11日 12:37 | 返信

続編待ってます

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。