ここがヘンだよ、日本人のセックス! 元リーマン・ブラザーズの性伝道師Mr.Jackインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

■女性のエロさを開放するポイントは「安心」と「肯定」

――それは前編でも語られてましたね。「脳を愛撫する」「Gスポットは下半身でではなく耳の中にある」「一日前戯」などなど、グッとくるフレーズのオンパレードでした。

Jack 基本的には、女性はヘンタイで男性より冒険好き。なので、道を開いてあげないと。女性がどんな要求をしてきても「お前は本当にスケベで汚い女ダネ」なんて言ってはダメ。正しくは、「あなたは本当に楽しい、エロい娘ですね、ボクは大好き」です。女性が自分のファンタジーに忠実に没頭できるようにしてあげるのが大切。例えば、エロのDisney Landを考えてクダサイ。

――エロのディズニーランドですか?

Jack はい。Disney LandにはロマンティックなIt’s a small worldからSpace Mountainみたいな激しいアトラクションまでありますね。

 女性は毎日It’s a small worldばかり乗りたいわけじゃない。何が言いたいのかというと、超ロマンティックと超ヘンタイのどっちも大事ということ。でも、女性は安全じゃないSpace Mountainには乗りたくない。だから、“信頼”が重要なのです。そして、信頼を得るためには、心のコミュニケーションが大事ということ。


■女性を3回イカせなければ、ペニスを触ってもらう権利はナイデス

――最後に、女性の要望を理解して、楽しい時間をシェアするためのポイントがあれば教えてください。

Jack セックスの禅を理解しておくことは重要ですね。

――セックスの…禅?

Jack はい。ボクは座禅もやっていたし、禅仏教もチョット勉強しました。男性と女性では、セックスの禅が違います。女性の禅は「自分の快楽に集中すること」。男性の禅は「自分のペニスを忘れること」デス。男は、あくまで“女性の快楽にだけ”集中すること。

――ペニスを…忘れる?

Jack ソウデス! 男性にとってセックスの一番大きな問題は自分のペニスがどうなるかです。でも、それは考えるべきではない。なぜかと言うと、そういうことを考えると、まず女性に伝わるからです。それに、女性が自分の快楽に満足した場合、特に、日本人女性は90%「倍返し」してくれマス。なので男性は、まずは自分の快楽を忘れてください。

――まずは女性に気持ちよくなってもらうことが先。そうすれば自ずと女性は男性を気持ちよくしてあげたくなる、ということですね。

Jack Yes。しかも、女性は2~3回イクと、そのままイキっぱなしになる場合が多いです。逆に、前戯でイってないと、そのあと彼女はイケない可能性が高い。だから、これはセミナーで教えるんだけど、“Rule of Three” が有効なんです。

――Rule of Three、とは?

Jack 「女性を3回イカせなければ、ペニスを触ってもらう権利はない」3回イッたらご褒美として触ってもらってもいいですよ。ということです。少し前戯すると、女性がペニスを握ろうとするでしょう。そこに男性の分かれ道があります。ここで男性は女性の手を掴んで「No! まだその時間じゃない、ここから、あなたはいっぱいイってください」って振り払いなさい。これが男性らしい態度です。

――仰ることは解ります。でも、自分のペニスの状態とか「ここだ」というタイミングがあると思うんです。

Jack ソウネ、特に中年男性の場合は自分のボッキを心配しマス。でも、心配する必要はありません。指はいつもカタい(笑)。繰り返します。「指は、いつも、カタい」のです。指でイカせなさい。「前戯はメインディッシュ。挿入はデザート」です。

――また名言が出てきた(笑)。


■射精はSide Effect

Jack 女性は鍋。ゆっくり暖めるべきです。おいしくしたければ、弱火でコトコト時間をかけて(笑)。そうすれば、女性はずっと長い時間燃えてくれます。それに比べて男性は電子レンジ。瞬間的に熱くなって、すぐ醒めマス(笑)。

 つまり、男性はセックスの目標は射精だと考えないほうがいいのです。射精はSide Effect。前にも言いましたが、女性のセックスは一緒にいる時間が全すべて。射精は「イッた」という“事件”でしかありません。射精はすべてではないのデス。

――わかります。でも、女性にとっても射精は大事だと思いますよ。

Jack もちろん。女性としては彼氏を喜ばせたい。彼がイカないと自分が魅力的な女性じゃないと感じてしまう。だから男性は声で伝えてください。大声を出してもいいです。感じたら声に出してクダサイ。それがポイント。だから、日本人だからといって恥ずかしがらないで、チャレンジしてみましょう。
(取材・文=渡邉浩行)

■Mr.Jackプロフィール
大手投資銀行ほか金融機関でトレーダーを務めたのちインターネット企業を起業。自分自身のセックスに疑問を感じたことからアメリカの最新セックステクニックを研究。独自のセミナー「セックスライフ向上委員会」を起ち上げ、よりよいセックスについての啓蒙活動を行っている。

セックスライフ向上委員会※性的画像を含みます
FaceBook Page

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。