【受信料】民放とは雲泥の差! NHKの制作費がスゴすぎる!

関連キーワード:

,

,

,

「潤沢と言えるでしょうね。NHKは総合だけでなくEテレやラジオなども制作しているので、そこは考慮するべきですが、それでも多いですよ。たとえば民放はこのような予算の中から制作会社などのスタッフを雇っていますから、純粋に取材活動などに充てられるお金は半分以下です。しかし、NHKは社内にディレクターやプロデューサーが山のようにいて社外発注は少ない上、人件費は1600億円とは別枠になっていますから、この数字をすべて取材活動などに回せるのです。だから機材も人も使い放題ですよ」(同)

 NHKの放送予算を見てみると放送費とは別に人件費として約1800億円程度が計上されているため、放送費はすべて番組制作に使えるというわけだ。これだけのお金があれば、怖いものなどないのであろう。

 もちろん必要なお金はかけるべきだが、無駄遣いだけはやめてほしいものだ。このお金は、国民から集められたものだということを忘れないでいただきたい。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ