【閲覧注意】身の毛もよだつ、虫に寄生された人々の体験談9!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,


■学生の足に寄生してアフリカから英国までヒッチハイクした虫

 22歳の英国人学生マシュー・オドンネルさんは、タンザニアでボランティア活動をしていた。

 英国に戻ってから、彼は足の裏に出来ている小さなしこりを見つけた。寝室でその足のしこりを見ていると突然、彼の足の皮膚を破り黒い虫が飛び出した。そして、それに続き100個くらいの白い卵がこぼれ落ちたと言う。

 寄生虫は彼の足裏内部に寄生し卵を産みつけ、アフリカから英国まで渡ってきたのだ。この虫は節足動物の1種で熱帯および亜熱帯環境に生息する体長約1ミリほどのノミであった。その後、彼がどうやってそのノミを処理したのかは記事に書かれていない。


■女の子の口から這い出るクモ

【閲覧注意】身の毛もよだつ、虫に寄生された人々の体験談9!の画像3口内でクモを飼う少女 画像は「YouTube」より

 このビデオの女の子カトリーナが口の中に入れているモノは、生きたクモである。

 カメラの前で彼女が何気なく口を開けると、巨大な金色のクモが口から這い出てくる。

 このクモはアシタガグモ(The Golden huntsman)で、大きいが毒は無いらしい。

 口の中でうごめくクモとは一体、どんな感触なのだろうか?

■2.5メートルのサナダムシが女性の身体から取り出される

【閲覧注意】身の毛もよだつ、虫に寄生された人々の体験談9!の画像42.5メートルのサナダムシ! 画像はYouTube」より

 30代の中国人女性リーさんは休暇中に東南アジアを旅行した。

 彼女は中国に戻ってから、便に妙な液体が混じるのに気付いて医者に行った。

 すると東南アジア旅行中に加熱が不十分な汚染された牛肉を食べたことにより、腸の中にサナダムシが住んでいる事が分かった。

 そのサナダムシは2.5メートル(!)にも成長していた。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?