【閲覧注意】ゾウの鼻を持つ犬!! ハリポタの妖精ドビーもビックリの奇形とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

Dobby_2.jpg画像は「YouTube」より

 その後、飼い主のエドゥアルドさんは、子犬を地元の動物保健センターに連れて行き、奇形の本当の原因を突き止めようとしたが、獣医も頭を悩ませるばかりだった。また獣医から「この子犬はそれほど長くは生きられないだろう」「15日が過ぎてもまだ生きている場合には、再度連れてくるように」と告げられてしまう。自宅へと戻った子犬は、現在エドゥアルドさんの家族や、その友人である2人の女性の世話のもとで、命をつないでいるようだ。

「母犬はこの子犬の育児を放棄していません。ただ、子犬はお乳を吸うことが難しいんです。鼻が邪魔をして、窒息しそうになってしまいます」(友人の女性)

「子犬について『邪悪な存在だ。殺して焼いてしまえ』という電話もかかってきました。でもそんなのはただの迷信でしょう。奇形であって、邪悪なものなどではありません」(エドゥアルドさん)

 エドゥアルドさん一家とその友人たちの愛を受け、子犬が1日でも長く生きられることを願いたい。
(編集部)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?