「あんなことは二度とないかも…」業界人に聞いて回った、2014年最大のニュースは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

「絶対に二度とないかと言われたら、それはわかりません。しかし、とんでもなく難しいことは確かです。仮にあのメンツに出演をオファーする場合、それぞれの芸人さんの役割などを明確にした上でオファーしなければ事務所は納得しません。そのための調整役が必要なんですが、これを番組プロデューサーや局長レベルがおこなっても相手にされません。おそらく社長レベルが各芸能事務所に出向いていくような次元の話です。それほど難しい奇跡の瞬間だったわけです」(テレビ番組プロデューサー)

 二度とないからこそ、2014年の最大のニュースに選んだ関係者が多かったのかもしれない。

 しかし、今になって冷静に振り返ってみると、あの奇跡の瞬間は“本当に偶然生まれたものだったのか?”という点は気になる。これに関しては、あるテレビ関係者が答えてくれた。

「暗黙の了解はお互いにあったかもしれません。さんまさんはトークをわざと伸ばして、ダウンタウンとウッチャンナンチャンを乱入させたという話もありますし、松本人志さんも石橋貴明さんが反応することを期待してとんねるずの名前を出したと言われています。また、スタッフサイドもさんまさんとタモリさんのトークが長引けば、あとに影響するのはわかっていたのに、あえて止めなかったのは、豪華共演が玉突き事故的に発生してほしいとの期待があったからだと言われています」(テレビ関係者)

 この話が本当ならば出演者やスタッフの多くは、声に出さないまでも、そうなるように仕向けたということのようだ。

 このように、2014年のテレビ業界における最大のニュースは『笑っていいとも』の最終回となったが、最大のニュースが明るい話題だったことは嬉しい限りだ。間もなく迎える2015年も明るい話題の多い年になることを願うばかりである。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。