浅田真央の叔父「五輪出場ない」宣言で懸念される“アノ悲劇”の再発

関連キーワード:

,

浅田真央の叔父「五輪出場ない」宣言で懸念されるアノ悲劇の再発の画像1※イメージ画像:『浅田真央「Smile」~氷上の妖精10年の軌跡~』(ポニーキャニオン)

 9日発売の「女性自身」(光文社)に、浅田真央の叔父が登場し、彼女の今後について「平昌五輪の出場はないだろう」と語った。記事によると、浅田本人の口から直接叔父にその決心を伝えられたかは定かではないが、その口調には“確信がこもっていた”と記されている。

「荒川静香さんは、24歳の時にトリノオリンピックの金メダリストとなりましたが、これは五輪女子フィギュア史上最年長でした。もし、浅田さんが次の五輪に出場するとしたら、27歳です。

 たとえば、男子フィギュアスケーターのエフゲニー・プルシェンコさんは23歳の時にトリノで金。27歳の時にバンクーバーで銀。31歳でソチの団体金メダルに輝き、男子は女子よりも平均年齢が若干高いうえに、プルシェンコさんは、それこそ規格外の技術とジャンプ力を備えた選手です。浅田さんももちろん規格外の選手ですが、女子は男子よりもより柔軟性を重視されるうえに、なおかつこれまでのプレッシャーから解放されたいという本人の意思がある。これらを考えると、『次のオリンピックを目指さない』という選択は妥当だと思います」(スポーツライター)

 今年、女子フィギュアスケートは、14季ぶりに「グランプリ・ファイナル」出場を逃した。もっとも、その後繰り上げ当選によって本郷理華が進出を果たしたが、この結果には、これまで圧倒的なエースとして君臨してきた浅田の休養が影響しているとみられている。一方、男子フィギュアスケートはこれまで日本フィギュア界を牽引してきた功労者、高橋大輔が引退したものの、羽生結弦というビッグスターの誕生によって、より一層盛り上がりを見せている。

「現在、羽生さんは、浅田・高橋という2大スター不在の穴を、1人で埋めるかたちになっています。このまま浅田さんが引退した場合、かつて彼女に向けられていたあの過剰な報道が今度は羽生さんに向けられるのではないかと懸念されているんですよ。羽生さんは記者への対応もよく、ファンサービスも過剰なほどしてくれるサービス精神があるため、大変気遣いのできる選手だと評判です。そんなセンシティブな彼が、過剰な報道に耐えられるか…」(同)

 人気がある選手は、過剰報道だけではなく、アイス・ショーへの度重なる出演も果たさなければならない現実がある。羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏は、先月発売された著書の中で、彼のことを「頑張りすぎる」タイプだと評価しているため、彼が自ら進んで「たっぷりの休養期間」を求めるとは思えない。

 浅田が「休養したい」と宣言した時、多くのファンが「これまでよくプレッシャーに耐えた、お疲れ様」と思ったことだろう。また、重すぎる重圧によって、明らかに追い詰められていた彼女の表情を「もう見ていられないから」という声も多数上がった。羽生があの時と同じようにならなければよいのだが…。注目されるのが大好きだという性格が、裏目に出ないことを願うばかりである。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

浅田真央の叔父「五輪出場ない」宣言で懸念される“アノ悲劇”の再発のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで