【スクープ】こりゃ大発明だ! 内燃機関の排気を“吸収相殺・消音・無臭化”するタービン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

――トカナ編集部に届いた最新のスクープを紹介! 


【情報提供者】

曾山 さん


【スクープ内容】

 物理学上、不可能とされている内燃機関の排気を吸収相殺し、同時に排気音を低減ではなく消音、無臭化する世界初のSoyama Turbineを発明致しました。

 用途は、陸、海、空、内燃機関全般、工場、火力発電所。本タービンはロータの強力な吸収作用で排気は吸気と相殺されます。吸収相殺によるエンジンの排気圧はありません。

 旅客機、ヘリコプター、戦闘機、超音速旅客機等、内燃機関の騒音問題は解決し、CO2も50%以上削減する驚愕のSoyama Turbineであります。

 現在、世界の内燃機関に採用されている消音器は低減器であり消音器ではありません。

Soyama.jpg


【編集部より】

 こっ…、これは!! 世界を一変させる世紀の大発明ではないでしょうか!?

 肝心のメカニズムまでは教えていただけなかったようですが、きっと特許出願等の関係上、致し方ないことなのでしょうね^^

 これで地球温暖化問題も解決されますね、本当に良かった~。でも気をつけてくださいね、きっとこの手の技術はエイリアンたちも目をつけているに違いないんです。

 人類が量産を開始できるようになるまでは、金庫などで厳重に保管されることをオススメいたします!

 ……はっ!! ま、まさか。曾山さんご自身がエイリアンから技術供与を受けたということだったのでしょうか?

 というわけで、今後もトカナをよろしくお願いします。


【あなたのスクープで、読者を驚かせてみませんか?】

 トカナ編集部では、あなたの目線で捉えた日常にひそむ不思議な物体、生物、人物、事件などの情報を求めています。投稿は、コチラから!

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

2:匿名本人 2015年8月23日 18:59 | 返信

ねじ山がどうのこうのではない!ボルトも関係ない!用は、排気を吸収相殺消音無臭化するテクノロジーだ!世界が度肝を抜くタービンだ。用は、中身だ。匿名でなく、堂々と本名でコメントせよ!

1:匿名 2015年1月12日 07:56 | 返信

>同時に排気音を低減ではなく消音、無臭化する世界初のSoyama Turbineを発明致しました。

写真見て笑ってしまいましたよ。
それほどのすごい発明なはずなのにネジ山は潰れてしまっているし、
ボルトもなにかずれてあさっての方向を向いているw。
全体に汚い もっと精密機械なんだという 清潔さが欲しかったw。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。