>  >  > 鼻の穴に歯が生えた!  > 2ページ目

【閲覧注意】体内の奇妙な場所からニュッと歯が生えた人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■男児の脳の中にも。腫瘍内のカルシウムを利用?

 また他にも、2014年に以下のケースが確認されている。

 米メリーランド州で生後4ヵ月の乳児の頭部が以上に大きくなっていることを心配した両親が病院を受診したところ、「頭蓋咽頭種」という腫瘍とその中で成長している“歯”が見つかった。頭蓋咽頭種とは先天性の珍しい腫瘍であり、かねてから研究者たちはこの腫瘍内にあるカルシウムの存在を主張してきた。

 現在、この乳児の腫瘍は手術により無事に除去され、その後の容態は良好であるが、今回摘出された腫瘍と除去された歯はこれまでの研究者たちの主張を証明した結果となった。(画像は次ページ) 


■古代遺跡からも過剰歯が!

 なんとも生命力が強いというか、体内の神秘としか言いようのない症例である。現在も過剰歯について様々な研究がなされているにも関わらず、なぜ体内に余分な歯が生えてくるのか未だ解明されていない。

 一説では人類が進化する過程で徐々に失われた歯が突如再現された、という説もあり実に興味深い。古くは約1万3,000年前のオーストラリア・アボリジニの遺跡の中からも上顎正中過剰歯の痕跡がある遺体が発掘されており、日本でも数例であるが鼻の中に上顎歯が逆向きに生える「口腔内逆生歯」の症例はあるそうだ。

 現代科学でも解明できない人体の秘密が解き明かされるときはくるのだろうか。
(文=福島沙織)

参考:「Medical Daily」「livescience」ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?