世界中の拷問を見てきた男が語るーー

レイプに発狂装置、歯科治療…「死にたくても死ねない」世界の残酷拷問の手口 ~実際に目撃した人物が語る~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

150107_yamano.jpg画像はイメージです(Flickrより)


 2014年末に米国中央情報局(CIA)によるテロ容疑者に対する拷問が話題になった。しかし同時に、世界中には更に残酷な拷問が存在し、現在も取調べや尋問の過程で拷問が行われているのである。

 東南アジアや南米で危機管理コンサルタントに従事し、さまざまな拷問を目の当たりにしてきたA氏が、その実態を語ってくれた。

「拷問は本来“肉体的苦痛を与えて自白させる”情報収集の手段であり、残忍な刑罰や処刑の方法とは異なるものです。容疑者の精神を崩壊させたり、口が聞けないほどに肉体を痛めつけてしまったりしては、情報を聞き出すことができません。そのため、死への恐怖と肉体的苦痛から解放され、“生還したい”と思わせるギリギリの線を攻めるのです。こんな苦しい思いをするくらいなら、いっそのこと死んでしまってこの苦痛から解放されたい……と思わせるような拷問は、むしろ失敗なんですよ」

 生死の境を攻めて情報を引き出すとは、なんともエゲツない。A氏は、これまで目の当たりにしてきた拷問の内容を苦々しく語り始めた。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?