鷲見玲奈アナが「巨乳どころではないエロス」を拡散中!? テレ東の過激演出に興奮!!


sumireina1.jpg
画像は「鷲見玲奈 オフィシャルグログ」より

 さらに1月10には、本来コアなファンしか視聴者がいないはずの土曜日の競馬中継が大きく注目を浴びる。ネット上の話題をさらったのは、毎週土曜15時~16時に放送中の『ウイニング競馬』(テレビ東京)だ。日本ダービーや有馬記念など、中央競馬(JRA)の大きなレースはすべて日曜日に開催される(中継はフジテレビ系)。ではなぜ『ウイニング競馬』が話題になったのか。それはひとえに鷲見玲奈(すみ れいな)アナウンサー(24)の存在だ。

 昨年までアシスタントMCを務めていた植田萌子アナに代わり、入社2年目の鷲見アナが『ウイニング競馬』の担当となった。新人の鷲見アナは、今までこれといった番組でのMC経験もなく、一部の女子アナマニアに「巨乳アナ」として知られている程度の存在だった。しかし『ウイニング競馬』に初出演した鷲見アナは、巨乳どころの騒ぎではなかった。真冬だというのに、ムチムチの二の腕と豊満なバストを強調する小さいサイズのノースリーブ姿で鷲見アナは登場したのだ。

 しかも、今までかけていなかったメガネを装着している。カメラマンは、MC席の端に座った鷲見アナの巨乳に迫るかのようなカメラワークを駆使。それに応えるかのように、鷲見アナは出走馬名の書かれたボードに腕を伸ばして机の前の方に置き、わきチラを披露する。この見事な連係プレーに、メインMCのお笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二も苦笑いをこらえるかのような表情を浮かべた。

 ネット上では
「この女子アナはダイナマイトバディだな」
「すみちゃん男性視聴者意識しすぎや(笑)」
といったコメントが書き込まれた。

 この分かりやすい、やりすぎなほどの演出こそが、テレ東快進撃の理由だろう。競馬中継のメイン視聴者は誰が考えても男性だ。だからお色気を使う。単純にして強力。剛腕、同時に捨身なのである。

 テレ東は、他局にくらべて予算が少ない。その分を「アイデアと経験」でカバーしている。2014年から、視聴率を調査しているビデオリサーチ社が「ツイッター」への投稿数を基準とする指標を導入した。人気アニメやB級映画の放送など、ツイッター実況が盛んなコンテンツを持つテレ東の番組は、今後さらに視聴者の心を掴んで、業界に旋風を巻き起こしそうだ。

文=近添真琴

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ