弁護士が矛盾指摘! 井戸田潤の的外れな「三船&高橋への離婚アドバイス」

itoda.jpg画像は「弩 スピードワゴン」(ポニーキャニオン)

 おしどり夫婦がまさかの泥沼離婚劇…。2013年末から夫の高橋ジョージと別居していたという三船美佳が、離婚と親権を求めて訴訟を起こしたこの騒動は現在、各種メディアで連日報道されているが、その中で意外な人物に注目が集まっている。

 それは、19日に放映された『ノンストップ!』(フジテレビ)に出演した、お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤だ。この番組の中で上記の離婚問題が取り上げられた際、井戸田は、

「美佳さんが順序立ててやっており、ジョージさんは後手後手に回っている。後手に回ると先手を取るのは難しい」

「代理人を立ててしまうと、代理人を通さないと話ができない。人を介すと思いが伝わらない。文書にすると硬くなって、腹が立ったり、イライラしたりする。美佳さん(高橋に)会ってください!

「こういう時って、男性の方が分が悪い感じに報道されることが多いんですよ。でも中身はわからないから、それだけは皆さん、やめてくださいね。ジョージさん、頑張れ」

 などとコメント。自身も女優の安達祐実との離婚経験があるからか、番組内で「これまでの報道内容から考えると、離婚は認められないのでは」という弁護士の見解が伝えられると、「別居の時間が短いよ」と返すなど、まるで離婚のエキスパートと言わんばかりの態度が話題を呼んだ。

 ネット上では「そこはジョージあま~いと言わないとダメだろ」「離婚のプロってなに? 恥ずかしい奴だな」「子どもがいるのにかわいそうな俺を演出してる井戸田が心底気持ち悪い」などという否定的なコメントが多い中、「小沢といい、ハンバーグ師匠(※井戸田の持ちネタの一つで、ネット上で井戸田はこう呼ばれることが多い)といい、スピードワゴンは面白すぎだろ」という肯定的な意見も散見され、まさに賛否両論といった様相を呈している。

 井戸田にとってみれば、賛否が割れようも、自身に脚光が当たったというこの状況は、まさにしてやったりといったところだろう。だが、ここで疑問に思えてくるのが、彼が高橋に送ったアドバイスが的確なのかということである。離婚問題に詳しい弁護士に、井戸田のコメントについて意見を聞いてみた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ