虐待されていたオランウータンの赤ちゃん!! 必死に生きる姿に世界が涙

虐待されていたオランウータンの赤ちゃん!! 必死に生きる姿に世界が涙の画像2画像は「IAR」より

 現在、西カリマンタン州ケタパンの保護施設で手厚く看病されているブディだが、経過は順調で、自力で上体を起こすこともできるようになった。まだまだ全快までには程遠いが、飼育員たちは楽観視しているようだ。

「当面はブディの命を維持し、苦痛を取り除くことに注力しなければなりませんが、彼はとても強い子です。きっと乗り越えてくれるでしょう」(IARの飼育員)

 長らく虐待されていたためか、時折とても寂しそうに何かを訴えかけるような表情を見せるブディ。しかし、人間の赤ちゃんのように可愛らしく、またグレムリンにも似た不思議な顔立ちで、動画を見た人の多くを虜にしているようだ。ブディの1日も早い回復と、このような状況に置かれる動物が少しでも減ることを祈りたい。

参考:「IAR」、「The Daily Mail」、ほか

文=編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ