危険すぎる? 何かと話題のタレント議員について、TV関係者がぶっちゃける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

「政府や党からすれば面倒な存在かもしれませんが、バラエティのスタッフからは評判がいいですよ。猪木さんは北朝鮮に行く際にも、『バラエティ番組のスタッフも取材に来ないか』と誘ってくれるんです。報道番組ならまだしもバラエティ番組が北朝鮮に行けることはなかなかないので、ありがたい存在という印象ですね」(バラエティ番組関係者)

 自由な行動で目を付けられているのかと思いきや、こちらは意外なところで好意的に受け止められていたようだ。

 しかし、タレント議員と言えば先のコメントにもあるように「=頭がよくない」というイメージが強いものだが、そんな彼らのことを業界関係者はどう捉えているのか。

「たしかにお世辞にも頭がいいと言える人ばかりじゃありません。でも、小池百合子さんや蓮舫さんなども元々はキャスターやタレントです。このように大臣にまで登りつめている人物もいるので、タレント議員だからどうこう言われるのは少しばかりかわいそうな気もします。個人的には今後も応援していきたいですね」(テレビ局関係者)

 確かに、一部の自由すぎるタレント議員を除けば、タレントだからと色眼鏡越しに見られてしまうのは少しばかり可哀想な印象もある。タレントがダメなら何の職業出身ならいいのだろうか。やはり芸能人は政治家に転身しても、やることなすこと叩かれるのが運命なのかもしれない。しかし、何を言われようとも当選したのは事実。多くの期待に応えるためにも、叱咤激励の声を奮起するパワーに変えて今後も日本のために頑張ってほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。