6歳で実父の“妻”にされた娘 ― 近親相姦・中絶・銃撃…悲惨すぎる虐待の果てに、彼女は今何を思うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 ある英国人女性が、自身の壮絶な半生を赤裸々に語り、現在大きな反響を呼んでいる。幼少期から実父の“妻”として生き、繰り返されるレイプと妊娠・中絶に苦しみ、時には銃で撃たれるという、恐るべき児童虐待の詳細についてお届けしよう。

abusing_5.jpg
画像は「YouTube」より


■6歳ではじまった悪夢の日々

 1月29日、複数の海外メディアが報じたところによると、話題の女性とはジュディ・ヴァン・ニーケルクさん(46)。彼女の悪夢は、物心ついて間もない6歳の時にはじまった。「役立たず」「ノロマ」と呼んでは暴力を振る夫に愛想を尽かした母親が家を去り、家事の全てを強制されるようになったジュディさん。やがて彼女は一切の外出を禁じられるなど、父親ノア・ウォルシュによる拘束は年を経るごとに悪化の一途をたどる。母親が戻ってきたこともあるが、それは一時的だった。

「(多くの家庭と同様に)父も私に泳ぎ方を教えてくれたり、ピクニックに連れて行ったりしてくれました。しかし悪夢もたくさん味わったのです」
「父は、私をおとなしい“妻”として扱いました」
「『ここでしなくちゃならないことがたくさんあるだろう』と言われ、学校にも行かせてもらえませんでした」(ジュディさん)

abusing.jpg
画像は「The Daily Mirror」より

 一家は他にも幼い兄弟姉妹を抱えており、掃除や洗濯、料理などすべてがジュディさんの仕事だった。消耗し切った彼女に、それでも仕事をさせようと父親はナイフで脅してくる。そして、ますますエスカレートする虐待。

「父の部屋で寝ることを強制されました。それはつまり――」
「レイプがはじまった時、私はまだ子どもでした。本当に苦しかった。とても混乱した気持ちで、自分に価値を感じられなくなったのです」(ジュディさん)

 その後、彼女は誰にも知られることなく実父の子を妊娠、流産してしまう。しかし、それでも父親からの虐待は一向に止むことがなかった。

コメント

13:匿名2018年11月13日 06:22 | 返信

この女性を、
理解できなかったり嫌悪したりする人がいるだろうけど私は凄い人だと思った。
自分を傷つけた人間を恨んだり憎んだりすれば全て終わりじゃなくて、
こういう方法で終らせる事は到底できる事じゃないから。

12:匿名2016年8月 5日 03:06 | 返信

※1
うんこ製造機のゴミ虫が人語喋ってんじゃねぇよさっさと死ねゴミクズが

11:匿名2016年1月30日 19:08 | 返信

1*の人のコメントが信じられません!人間じゃないね、、、、。こうゆう1*みたいな考え方しかできない人間が虐待にはしるんだよね~、馬鹿じゃないの?

10:匿名2016年1月 8日 04:12 | 返信

1は社会に適応されてない方ですね、わかります。

9:匿名2015年2月27日 05:40 | 返信

オチの理由としては米4,5に加えて
「長い時間を共にした相手に対する情」みたいなのもあるだろうな
それを結果的な洗脳というのかもしれないけど
もしくはこんな救いようのない男に対する広義的な愛とか

許しても彼女自身は救われないかもしれない
許さなければよかったと後悔するかもしれない
でも許したからこそ彼女の父親は救われた
胸糞な結末だと思う第三者もいるだろうが
俺は単純に「父親がこの先笑顔でいられるような選択」をした彼女の愛と勇気をとても尊く思うよ

8:匿名2015年2月20日 21:42 | 返信

正直いまだに洗脳されてるんだろうな

7:匿名2015年2月16日 13:59 | 返信

>>6

6の匿名さん、私は女性ですが、あなたのおつらい思い、お察しします。
私も、この記事ほどでは、ないのですが、似た体験を幼少期にしました。
そして、貴方様と同じく、私も記事に共感いたしませんね。

記事の女性は
「ストックホルム症候群」という精神症状にかかったままなのでは・・?と。

「100万回○しても飽き足りない」というご自身の感情に
正直に向き合えているあなた様は
勇敢に生きていらっしゃいます。

応援しております。

6:匿名2015年2月 8日 21:09 | 返信

男だけど近親の女から性的虐待を受けていた
まったく共感できない
100万回○しても飽き足りない

5:匿名2015年2月 7日 13:00 | 返信

彼女が父親を許したのは
キリスト教徒だからというのと
「父親」に愛された娘であったと思いたいため
歪んだ性愛の犠牲者ではなく
キチンと親子の愛情があったと思えなければ
この人は立ち直れなかった
実際は娘におったてる変態ジジイだったと思いたくないだけ

それで満足して生きていけるならそれでいい

4:匿名2015年2月 5日 17:57 | 返信

現在、幸せだからこそ許せたのだと思う
卑屈にならず、前向きに生きてるからこそ乗り越えられる、共感出来ます

3:匿名2015年2月 4日 12:03 | 返信

※1の方がよほど気持ち悪い
ナニをおっ立ててコメントかいてそう
人体の機序も分かっていないんだろうw

赦すということはトラウマを乗り越えることだから
彼女が乗り越えられるようにまで回復できたならよかった
今後は平穏で幸せな人生を送ってほしい

2:匿名2015年2月 4日 02:22 | 返信

父親と写ってる写真が信じられない、、、
父親を許すことで彼女が前に進めるんならいいんだろうけど。

1:匿名2015年2月 3日 02:44 | 返信

キモい女w
最初から被害者ではなく父親の奴隷として屈辱される日々に快感を感じていたのでしょう?笑
あぁ鳥肌。
こうゆう善人ぶった被害者ヅラの変態が世界一嫌い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。