黒い噂絶えない!? 超有名芸能人の“クレイジーな本性”ベスト5!

関連キーワード:

,

mafia.jpgcredit:Eneas De Troya/from Flickr CC BY 2.0

 人は見かけによらぬもの。本記事では、業界関係者から聞いた、“世間のイメージとは違って、本当はクレイジーな芸能人ベスト5”を紹介したい。

 さてその前に、芸能人の意外な本性に関する小話。その昔、海外の音楽関係者たちによれば、商業的にも成功したミュージシャンの中で、誰がマジでヤバい変人かといえば、誰もが“フォークシンガー”のジョン・デンバーの名を挙げたそうだ。なんでも、一般的に“ヤバい”と思われがちなパンク、ハードロック、ヘビメタ、デスメタル、ラッパーなどのこわもてたちは商業的なPRのために悪ぶっている部分が多いらしい。確かに、イーグルス(チェーンソーでホテルを破壊した……)を筆頭に、アメリカのカントリーミュージシャンたちの中にはヤバい人たちが多いと聞く。日本でも、ロックミュージシャンたちよりも演歌歌手のほうが、変人奇人が多いそうだ。

 さらに出版業界のことを語らせてもらえば、可愛らしい絵を描く漫画家ほど問題があるような気がする。当事、4コマ漫画で一世を風靡していた男性漫画家N氏はかつて、漫画雑誌に掲載されていた作家の住所を元に訪ねてくる女性ファンを片っ端からヤリまくり、ついには出版業界から追放されてしまった。その後、彼の事件がきっかけで、住所が掲載されなくなったという噂も……。逆にエロ漫画や猟奇的な漫画を描いている漫画家たちほど内向的だったり、真面目だったりするのだ。

 それでは、芸能界はどうだろう。

 タレントは好感度やイメージが大切な職業なので、型にはめられた人物を演じるストレスときたら察するに余りあるが、とはいえ“本性がクレイジーすぎる”と噂される、芸能人ベスト5を発表したい!

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ