女子アナがお色気ヨガの餌食に! 視聴率低迷が続くフジの暴策

関連キーワード:

,

,

 視聴率の低迷が続くフジテレビで、女子アナのヨガ体験リポートが過激だとネットで話題になっている。

 13日の『ニュースJAPAN』では、大島由香里アナ(31)が空中ヨガに挑戦するシーンを放送。空中ヨガとは天井から下げられたハンモックを使って、宙に浮いたり、逆さまになったりするエクササイズのことで、体にフィットしたヨガウェアに身を包んだ大島アナは、講師指導のもとに体験リポートした。

 大島アナがハンモックにぶら下がり体をそらすと、テレビ画面には胸の膨らみやヒップラインが強調されて映し出され、ネット上では、

「エロすぎるwww」
「録画ボタンオン」
「ヨガコーナー毎日やってくれ」

といったコメントが書き込まれた。女子アナに詳しい芸能ライターは、こう語る。

「大島アナは安めぐみ似の美人女子アナとして人気があります。バストサイズは推定Fカップとされ『ニュースJAPAN』では胸を強調した衣装を着ることが多い。今回の空中ヨガでもあえてTシャツやスパッツを着用するなど、番組側はあざとすぎるというくらいにお色気を前面に出しています」(芸能ライター)

 フジテレビでは、過去にも加藤綾子アナ(29)や細貝沙羅アナ(28)のヨガ体験を放送。そのたびにネット上でエロいと話題になった。芸能ライターは、こう続ける。

「フジが女子アナのヨガにこだわるのは、ワイドショー『知りたがり!』(2013年3月放送終了)における住吉美紀アナの成功例があるからでしょうね。上半身タンクトップ姿の住吉アナがヨガを実演する“ヨガ天”というコーナーでは、胸の谷間や開脚シーンが連発され、男性を中心に大人気だったんです」(同)

 お色気は単純にして効果抜群の視聴率対策だ。しかし、あまりに露骨だと女性視聴者に悪印象を与えてしまう。だがブームになっているヨガならば、本来の目的であるエクササイズとして女性視聴者にも受け入れられやすい。さらに、女子アナを起用してヨガコーナーを制作すれば、予算をかけずに男女の視聴者へアピールできる。視聴率低迷中のフジテレビにはもってこいだが、もはやお色気を使うしか立て直す手段がないことを思うと、局が末期状態にあるのはやはり間違いなさそうだ。
(文=近添真琴)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

女子アナがお色気ヨガの餌食に! 視聴率低迷が続くフジの暴策のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル