そんなものまでNGか! テレビが絶対に触れてはいけない“宗教タブー”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

178366724.jpg

 日本のテレビ番組には様々な規制が存在する。基本的には表現の自由があるため、法律によって放送内容が制約されるわけではないが、それぞれのテレビ局が自主規制として“タブー”を設けているのだ。

 タブーとされている事象を扱えば、放送局は蜂の巣をつついたような騒ぎになるという。そんな“タブー”のひとつが「宗教に関するタブー」だ。

「放送は基本的に中立公平でなければいけませんから、宗教を否定も肯定もできません。ただ、1995年以前はもう少し緩かったのですが、95年以降は宗教に関することを報道番組以外で触れることはほぼ厳禁となりました。報道番組であっても、細心の注意を払っています」(テレビ局関係者)

 1995年とのことだが、今から20年前に何があったのか?

「オウム真理教(現アレフ)です。地下鉄サリン事件などを起こして宗教のイメージを圧倒的に悪くしました。もちろんオウムは例外中の例外で、ほとんどの宗教団体は犯罪行為はしていないわけですが、ただでさえ触れにくかった宗教の話題が、絶対的なタブーになったのです」(同)

 たしかに、オウム真理教の印象はあまりにも強かったが、関連する事件のおかげで95年以降はあらゆる制約が新たに生まれたそうだ。

「当時の放送禁止用語としては『オウム』や『真理』、さらには『ヨガ』などのワードもNGになりました。報道番組や情報番組以外ではほとんど使用禁止でしたね。『ヨガ』は後に一大ブームが起きて番組でも扱うようになりましたが、それでも十年近い歳月がたってからですしね」(同)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2016年5月11日 05:14 | 返信

そうだねー、ここ数年かな。。テレビでオカマが幅を利かせている番組が多すぎるね。
反面、レズビアンの番組が無いのは、「差別」なんだろうね。
なんにしても、オカマは気持ち悪いだけだから、テレビに出すのは、
オカマをやめて、レズビアンを出したら良いのかもしれないね。

韓流だけど、男も女も整形顔ばかりなのに、なんで日本のテレビでやる必要があるのかな?
整形前の写真でガッカリするのは、もういやだよ~。

ほんと!サラ金、パチ屋のコマーシャルばっかりだよ、最近のテレビって。
サラ金、パチ屋のコマーシャルをやめてほしいものだよ。
.

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。