【閲覧注意】顔のない少女/顔のない少年

関連キーワード:

,

,

,

 多くの人は思春期に「もっと鼻が高ければ――」とか「もっと小顔だったら――」と外見について悩んだ経験があるだろう。人間にとって、顔はあくまでも身体の一部分なのに常に最も注目される。その最も目につく部分に、大きな損傷を受けて生まれてきた少年少女がいる。次ページに彼らの顔を掲載しているが、見慣れない人にとってはあまりにショッキングな出来事になるかもしれない。しかし、こうした障害を抱えつつも、立派に生き抜く2人から学ぶことは多い。

閲覧は自己責任でお願いします

■目と鼻が完成せずに生まれた少女

【閲覧注意】顔のない少女/顔のない少年の画像2キャシディ・フーパーさん(18歳) 画像は「YouTube」より

 キャシディさんは胎児期に起きた稀な欠損症により、目と鼻が完成せずに生まれた。しかし目と鼻以外は全く問題がなく、既に11回の手術を乗り越えてきた。この勇気ある少女は、ABCテレビのインタビューに微笑みを絶やさずにこう話す。「物事はいつでも難しいかもしれないけれど、私はこういう風に考えるの。私は簡単なものはほしくない、物事を可能にするものがほしいの、とね」。

 彼女を手術するデビッド・マシュー医師は彼女の顔を伸ばし、骨に隙間を作る事を5年前より試みている。ニューヨーク州シラキュースにあるアップステイト・ゴリザノ小児病院の顔面形成外科責任者であるシェラード・エイ・テイタム医師は、キャシディさんの鼻を完成させる方法についてこう話す。「鼻は耳とよく似ています。実際に目に見える部分は機能とは関係ないのです。多くの人は癌や事故で鼻を失っても呼吸ができるし、嗅覚もあります」

 そして驚くべき事に「鼻は当然顔に付いているものだと人間が無意識に考え、またメガネをかける時には役に立ちます。しかし100パーセント必要不可欠な器官ではないのです」と断言する。また「鼻を作るのはそんなに簡単なことではありません。私たちの鼻は顔から突き出て顔にぴったりくっついていますが、軟部組織は通常そんなに強くないのです。ただ皮膚を切り取って、鼻を作る事はできないのです」と話す。

 キャシディさんの医師は、まず鼻内部の粘膜組織を造る。その後、彼女の頭がい骨から取った骨と軟骨を使って鼻を作り、その後、皮膚で覆うという複数の段階を計画していると言う。


■ホームズ医師「誰でも人間らしい外見を持つ権利が有る」

【閲覧注意】顔のない少女/顔のない少年の画像3ヤハヤ・エル・ジャバリー君(3歳) 画像は「YouTube」より

 ヤハヤ君はモロッコの都市カサブランカから6時間ほどの小さな村に生まれた。ヤハヤ君は何らかの理由で子宮内で顔の骨がぴったりと閉じられず、目が無く、鼻と上唇が有るべき場所に穴が開いて生まれてきた。

 非常に稀な状態にも関わらずヤハヤ君は生きのび、彼の両親の素晴らしいサポートによって、幸せで健康な幼児に成長した。しかしヤハヤ君の外見は多くの人にとって直視しにくいのは事実だ。そのため、ヤハヤ君が彼の住む小さな村から外に出る時には、彼の顔は布で覆われる。

 また彼の口は口蓋が欠落しているために会話が出来ず、うなり声を通してしか意思の疎通が出来ない。ヤハヤ君の父の親友は「Facebook」を通じてヤハヤ君の窮状、そして通常の生活を送る手助けを医療専門家に求めた。その結果、助けは世界の反対側から現れた。

 ファティマ・バラカさんはヤハヤ君の住む村の近くで生まれ、現在はメルボルンに住む乳がんを克服した経験を持つ女性である。バラカさんは初めてその「Facebook」を見た時の事をこう思い出す。「そこには電話番号が赤い大きな文字で書いてありました。助けを求めている事は明らかでした。そして私は電話をつかみ、電話をかけたのです」。

 バラカさんはヤハヤ君の顔を治してくれる医者を精力的に探し、メルボルンの形成外科医、トニー・ホームズ医師を見つけた。ホームズ医師はバングラディシュの結合双生児の分離手術を行った経験を持っている。初めてヤハヤ君に会った時の事をバラカさんはこう語る。「会う前は大丈夫と思っていたのですが、ヤハヤ君の外見にとてもショックを受けました。正直言って、少し怖く感じました」。

 ヤハヤ君と両親はホームズ医師の診察を受ける為にメルボルンに飛び、ヤハヤ君が手術に耐えられるどうか様々な検査を受けた。その結果、ホームズ医師はヤハヤ君の手術をする事に同意した。しかしこの様な大がかりな手術に危険はつきもので、ホームズ医師は「ヤハヤ君は手術を受けなくても死ぬ事はないでしょう。しかし手術を受ければ死ぬ危険性も有ります」と「チャンネル7」の番組「サンデー・ナイト」で語った。

 ホームズ医師はヤハヤ君の頭蓋骨をくっつけ、彼の皮膚を使って鼻を作る予定だ。また彼の声帯には問題がないので、手術が終われば話せるようになるという。ホームズ医師は、「私は誰でも人間らしい外見を持つ権利が有ると信じています」と言う。また「私は実験をするつもりはないのです。我々の目指しているのは良い結果だけです」と語った。

 顔に問題を持って生まれてきたキャシディさんとヤハヤ君だが、ビデオを見ると顔以外は全くノーマルな少年少女である。そして2人がよくほほ笑む事に魅了された。乱暴な言い方をしてしまえば、顔なんてただの皮膚組織と軟骨である。それに一喜一憂するのは意味が無い事かもしれない。何はともあれ、2人の手術の成功と輝かしい未来を心から祈る。
(文=美加リッター)

参考:「Daily Mail」、「Daily Mail」ほか

【閲覧注意】顔のない少女/顔のない少年のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?