• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■一線を超えたウェイン

 こうして1人きりになったウェインは「女性が苦しむ顔を見て得る快感」にどっぷりはまり、手当たり次第ナンパしたり娼婦を買いあさった。97年10月26日、ウェインはカリフォルニア州のユーレカという海沿いの町でヒッチハイクをしていた18歳~25歳くらいの若い女性を車に乗せ、合意の下セックスを楽しんだ。挿入した時、ウェインは彼女の苦しむ顔を見たいという激しい欲求にかられ首を絞めた。いつもなら、ある程度苦しむ顔を見れば満足していた彼だったが、この日は違った。とうとう殺してしまったのだ。

tina-gibbs.jpg
首を絞められ殺害された娼婦、ティナ・リニー・ギブス 画像は「THE WORLD OF SERIAL KILLERS」より

 女性を殺してしまったウェインだが、取り乱すことなく冷静だった。遺体は住処にしていたトレーラーに運び。台所でバラバラに切断した。太ももは冷凍室に、頭と腕は捨てることにした。そして、丁寧に切り取った乳房はオーブンで焼き、脂肪の塊と化したドロドロの状態にしてインスタントのコーヒー粉が入っていた缶の中に入れた。腐敗していく乳房は彼にとって最高の戦利品であり、眺めながら自慰行為にふけり、何度もエクスタシーに達した。

 97年10月26日、ハンボルト郡で鴨狩りをしていた男性が女性のバラバラ死体を発見した。遺体は激しく損傷しており、一部しか発見されなかったことから警察は身元不明の「胴体ガール」と呼んだ。この胴体ガールこそがウェインの最初の被害者だったのである。

5-3-Lanette-White.jpg
3人目の被害者となった娼婦、ラネット・デイヨン・ホワイト 画像は「THE WORLD OF SERIAL KILLERS」より

 98年2月にウェインは長距離トラック運転手の職に就き行動範囲を広げた。同年5月にラスベガスの娼婦ティナ・リニー・ギブスとセックスをし、いつものように拷問した上で首を絞め殺害。カリフォルニア・アクアダクトという大きな用水路に捨てた。遺体は6月2日に発見された。

 3人目の被害者は9月にカリフォルニア州のフォンタナ近くのトラック休憩所で客引きしていた25歳のラネット・デイヨン・ホワイトという娼婦を拾い、セックスをしている最中に首を絞めて殺した。遺体はサンホアキン郡の用水路に捨て、同月25日に発見された。

 その翌月の10月に、ウェインはサンバーナーディーノ郡のコンビニで出会った29歳のパトリシア・アン・タメズという女性に声をかけ、金を払いセックスをして殺害。遺体は前と同じようにカリフォルニア・アクアダクトに捨て、同月23日に発見された。

Patricia-Anne-Tamez.jpg
コンビニでナンパされ殺された、パトリシア・アン・タメズ 画像は「THE WORLD OF SERIAL KILLERS」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。