カカシとセックスした男性が変死 現場に奇妙な光景=アルゼンチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■恥ずかしい死因発表に読者は同情的?

Daily Mail」紙の読者コメント欄を読むと、

「まあ少なくとも、彼は幸せに死んだと言えるな」

「不幸な男の孤独死――。我々は本当にこういうニュースを知る必要があるのだろうか?」

「なぜ、警察はこの情報を発表する必要がある? 気の毒な男だ」

 など、死者への同情とこの事件を発表した警察やメディアへの批判的なコメントが多く見られた。

 確かに、上記のキャスターや俳優のように有名人の場合は別だが、アルゼンチンの一般男性の死亡状況を本名と共にここまで詳しく発表する必要があるかどうかは疑問が残る。だが、英米では匿名や仮名報道は記事の信憑性を損なうと考えられ、被害者、遺族、その関係者も全て実名で報道される事が多いらしい。

 亡くなった男性は孤独で近親者はいなかったようだが、彼はメディアによってアルゼンチン国内だけではなく、世界中で一躍有名人となってしまった。こういう状況でも葬式は行われるだろうが、参列する人々はいったい心中何を思うのだろうか……。
(文=美加リッター)

「Argentinean Man Dies During Sex with Scarecrow」 動画は「YouTube」より

参考:「Mirror」、「Daily Mail」ほか

関連キーワード

コメント

3:匿名 2015年4月19日 07:02 | 返信

年間200~300って、
けっこういるんだな

2:匿名 2015年4月17日 14:31 | 返信

J( 'ー`)し カカシ…

1:匿名 2015年4月17日 12:24 | 返信

自慰中死亡って身内いたら恥ずかしわ
ましてや子供がいたらあうぁぁんあう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。