【閲覧注意】「牛の解体」 ― 残酷だが美しい、洗練された作業風景

関連キーワード:

,

,

,

,

【2ページ目以降の閲覧は、自己責任でお願いします】

 屠殺、解体作業――。それは動物の肉を食糧にするために古来から人類の文化の中で継承されてきた技法である。屠殺はこれまであまり社会の表側で取り上げられ難い生業であったことは否めないが、今日到来したネット社会の中にあっては、屠殺とそれに続く食肉解体作業の模様もまた容易に垣間見ることができるようになった。家畜の屠殺、解体作業の模様を収めた動画は「YouTube」にも多く投稿されているが、その中でも、プロフェッショナルによる一連の作業を詳細に見せてくれるのが、今回紹介する動画だ。場所はニュージーランドのハウラキプレインズにある畜産牧場だ。もちろんのこと、とてもショッキングな映像なので、くれぐれも自己責任で閲覧していただきたい。

■急所を外さず一発で仕留める

 そこに映し出されているのは、畜産業者のプロとして、家畜を解体して“商品”にする作業だ。

haurakiplains1.JPG一発で仕留めるべく狙いを定める 画像は「YouTube」より

 鉄柵の中に囲われた“選ばれた”4頭の牛に、ライフルを持った作業員の男が近づいていく。人間に慣れている牛たちは、近づいてくる作業員に何ら気をとめていない様子だ。しかし、作業員はおもむろに銃を構えて、牛の額に狙いを定めている。小刻みに動く牛たちに、男も何度か立つ位置を変えるが、一頭の牛の真正面に来てまさに牛と目が合ったかのように見えた瞬間、引き金が引かれ銃撃音が響く。額のド真ん中に弾丸を打ち込まれた牛は、一瞬宙を浮くように4本の膝を同時に曲げてドサッと倒れて動かなくなる。さすがはプロだ。もし急所を外せばかなり厄介なことになりそうなのは素人が考えてもわかる。異変に気づいて、倒れた仲間の様子をうかがいに来るほかの牛の行動が切ない。

 男はおもむろに柵を越えて中に入ると、倒れた牛に近づきながら腰に下げたナイフを手にして牛の喉元を一気に掻っ切る。にわかには信じられないほどの切れ味で喉元が切り裂かれ、喉の奥へナイフを押し込むとおびただしい血液がバケツをひっくり返したかのようにあふれ出てくる。おそらく、“血抜き”の作業であろう。

「Home Kill Hauraki Plains New Zealand」 動画は「YouTube」より

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?