Apple Watch目当てに人民500人が「何もしない」を競い合う!? 中国「ぼんやり大会」が熱すぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

12428716_1200x1000_0.jpg

【日刊サイゾーより】

 目まぐるしい時代の変化に、誰もが生き馬の目を抜くような中国で、「何もしない」ことを競う大会が開催された。

 4月24日、山西省の省都、太原市の繁華街である長風街のショッピングモールで行われた「ぼんやり大会」である。最後までぼんやりしていた者が勝ちという競技で、賞品として用意されたのは、発売されたばかりのApple Watch。たった一つのApple Watchを目当てに、小さな子どもから大人まで500名余りが参加した。

 競技中は参加者は動いてはならず、笑ってもアウト。トイレに行くことや、電話を取ることももちろん許されない。途中、大会運営者や観客らによる、さまざまな妨害行為も行われる。

 例えば、男性参加者の唇に、男性司会者がスレスレまで唇を近づけたり、別の参加者にはひとりの観客が「ほら、これやるよ」と100元札(約1,900円)を顔の前でヒラヒラさせたり、といった具合だ。子どもの「あっかんべー」に、たまらず吹き出してしまい、失格となる参加者もいた…

続きはこちらか

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    1:匿名 2015年5月3日 12:27 | 返信

    くだらない。
    つまらない。
    面白くない。
    低能な企画、
    さすが中国。

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。