「アメリカはウルトラマン」松本人志が語った、沖縄基地問題のたとえ話がわかりやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
waidonasyo.jpg画像は「ワイドナショー」オフィシャルサイトより

 世界最高位の経済および軍事大国であるアメリカ合衆国。

 そのアメリカに国賓級待遇で迎えられた安倍晋三首相が4月29日(現地時間)、日本の首相として初めて上下両院合同会議で演説を行った。

 しかし、そんな安倍首相に対し、冷ややかな反応も多い。

 『ワイドナショー』(フジテレビ系/5月3日放送)に出演したジャーナリストの鳥越俊太郎は「安倍さん、はしゃいでいる。アメリカに行って、ハイテンションになっているというのが第一印象」とバッサリ。

 さらに松本人志も、バラク・オバマ大統領が09年に来日した時よりも、訪米時の方が上機嫌な姿を見て、「日本はアメリカにとって、太客でおいしい」「(偶然)入ったお店で、(店員に)妙に揉み手でやられたら一体帰りにどれくらい(金を)取られるのか? というような怖さがある」といぶかしむ。

 世界の警察とも言われるアメリカだが、なぜ、我が国において、ここまで不信感を持たれるのだろうか? そのひとつとして、沖縄基地問題が挙げられる。

 松本は、この問題について特撮ヒーローを引き合いに出し、防衛政策を語った。

 ウルトラマンは、皆の正義として一生懸命戦う。だが、ウルトラマンが戦うことによって、建物は壊れ、自然が破壊されるという被害があることから「アメリカはウルトラマンのようなものだ」と表現する。さらに、松本はアメリカのことを、アメリカマンと名付けてこう続ける。

「ウルトラマンは3分で帰ってくれるんですけど、アメリカマンは70年間(沖縄から)動かない。この先もおると言っている。しかも、いつ日本に怪獣が来るかもわからないのに、練習で動き回って、珊瑚を壊している」

 また、日本はライダーマンのようだと表現する。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

2:匿名 2015年7月21日 16:36 | 返信

どこがいい例えなんだよwwww

1:匿名 2015年5月14日 22:30 | 返信

>「アホは選挙行くな」

選挙権を18歳に引き下げて、選挙に行くアホを増やそうとする政府。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。