日本が中国に汚染される ― 中国で急増する原発、大規模地震で「フクシマ」以上の惨事も!

関連キーワード:

,

日本が中国に汚染される ― 中国で急増する原発、大規模地震で「フクシマ」以上の惨事も!の画像1

 2011年3月11日に発生したマグニチュード(M)9.0の東日本大震災以降、地震の活動期に入ったといわれる日本の地下。その異変は地球規模に及んでいるのかもしれない。

 その不安が顕在化したのが、4月25日にネパールの首都カトマンズの北西77キロメートルで起きたM7.8の大地震だ。その後も相次いだ余震によって死者が8,000人を超えるなど、ヒマラヤ山脈のすそ野に広がるネパールの国土は壊滅的な打撃を受けた。

 隣接する中国でも、昨年8月に西南部の雲南省でM6.5の地震が起き、600人超の犠牲者を出している。

 だが、「3.11」以降、懸念されているのは地震の連鎖だけではない。地震による津波が引き起こした“あの恐怖”の再現への警戒感も高まっている。

「世界の防災研究者たちが恐れるのが、東京電力福島第一原子力発電所事故と同じような原発事故の再発。原発の建設ラッシュを迎えている中国で、そのリスクが急上昇しているというのです」(大手紙記者)

 現在、中国で稼働している原発は浙江省の泰山原発など19基。

 それに加えて、29基が建設中で、建設計画が進められているものは225基にまで及ぶ。

 福島での事故による「3.11」ショックの余波が広がる中でも、中国の「原発依存」に変化はなかった。胡錦濤政権は事故後、将来的な電力需要の増大を見越して「エネルギー発展第12次5カ年計画」を承認。その方針は後継の習近平政権にも受け継がれている。

「中国政府の計画では、現在、約3,000万キロワットの原発による発電容量を2020年までに8,000万キロワットに拡大させる方針です。さらに2035年には230基、延べ2億3,000万キロワットにまで増やす構想まである。計画通りに進めば、世界最大の原発大国になる見込みなのです」(同)

 しかし、「メイド・イン・チャイナ」の原発には安全面で強い不安が残る。

 2011年7月には、浙江省温州市で高速鉄道の衝突・脱線事故が起こり、40人(中国政府発表)の犠牲者が出た。

 この事故では、列車運行の制御システムに重大な欠陥があった可能性が指摘されており、中国のインフラ設備に潜む「チャイナリスク」を改めて印象づける形となった。

「中国では手抜き工事も横行しており、橋の崩落やビルの倒壊が相次いでいる。原発施設の建設と、その管理・運営には高い技術力が要求される。安全性をクリアできるレベルに達しているとはとても言い難い」(現地事情通)

 ただでさえ心許ない中国の原発に、「3.11」並の大地震が襲えば、ひとたまりもない。

 原発が集中する沿岸部での津波リスクは言うに及ばず、2008年の四川大地震(M8.0)など、大規模な地震が頻発する内陸部に点在する原発はより高いリスクにさらされることになる。

「中国の原発で、『フクシマ』以上の惨事が起きれば、大陸からの風に乗って、日本上空にまで放射能が流れこんでくる。放射能に汚染された海水が日本海に流入することも考えられ、列島は大打撃を受ける」(同)

 悪夢は繰り返されるのか。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2021.12.20 12:00異次元

日本が中国に汚染される ― 中国で急増する原発、大規模地震で「フクシマ」以上の惨事も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル