【日本怪事件】親を殺すか、レイプして自殺するか ― 明るかった少年が家族3人をメッタ刺しにするまで

関連キーワード:

,

,

 今月18日、「ゲームのやりすぎを怒られ、カッとなった」ため、母親(50)と祖母(81)を包丁で殺害したとして、横浜市戸塚区の高校1年の男子生徒(15)が殺人容疑で逮捕された。男子生徒は調べに対し、「勉強するよう注意された」と供述している。


 この事件と似た動機で、優秀な少年が、祖母と母親、父親まで殺した事件が昭和63年に起きている。刃物で受けた祖母の創傷は、51カ所。母親の創傷は、64カ所。父親の創傷は、33カ所に上った。

「太陽のように明るい少年だった」
「あの子が親を殺すなら、うちの子だってやりかねない」

 少年の同級生の母親は、そう語った。14歳の少年はサッカーが好きなスポーツマン。明石家さんまに憧れていて、周りを笑わすのも得意だった。

 少年が通う目黒区の中学校は、慶応や戸山、新宿高校に生徒を多く送り出す、都内有数の進学校だ。少年は2年生だった。

 しかし、事件の2カ月前の5月ごろから、少年のジョークはブラックになっていた。

「タレントの南野陽子とセックスしたい」

 それだけなら、中学男児の言いそうなことである。笑う友人に、彼は続ける。

「このまま童貞で終わるのは残念だから、憧れの女とやって死ぬ」

「なんでお前が死ぬんだ?」

「生きていて、何の楽しいこともない。勉強勉強と口やかましい親から逃げるには、自殺するしかないよ」

「どうやってナンノにやらせてもらう?」

「レイプしか方法はないだろうが、ブスと10回やるよりは、憧れの女と1回やって死ぬ方がましだ」

「でも、自殺することはない」

「レイプで警察に捕まったら、家族に迷惑がかかる。俺が死んでしまえば平気だ」

「ふーん。りっぱな心がけだ」

 ジョークと思い、友人は笑った。気の知れた少年同士なら、よくあるやり取りだろう。だが、少年は追い詰められていた。

 少年の1年の時の成績は、280人中の120位。これを見て両親は、2年で2桁の順位、3年で50以内を目指せ、と命じた。そして、2年生になった時に、少年は両親と協定を結び、3教科で平均点を下回ったら、1教科ごとに小遣い1000円をカットされることになった。

 友人と会話をしたのは、中間テストの最中。テストの結果、数学は29点しか取れず、小遣いカットは必至だったのだ。

 そして7月1~3日の期末テストでは、数学は5点、国語も英語も平均点を下回った。小遣いは3カ月分カットされることになる。

 少年はまた、友人に話す。

「南野陽子のレイプは、7月11日に決行する。この日はマンションにいるようだ」

「それが終わったら自殺する?」

「テストの結果がよければ、レイプも自殺も中止するつもりだったが、最悪だから決行するしかない」

 この頃、ほかの友人には「40万円の報酬で、親を殺すのを手伝ってくれ」と言っている。

「親殺しを決行する。母親にがみがみ言われ、父親にげんこつを食わされ、俺の未来はない」

「40万円、キャッシュでくれるのか?」

「心配するな。それくらいのキャッシュは、いつも家にある」

 もちろん友人は、冗談だと思って笑った。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?