• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

レイプ

,

中国

,

強姦

,

殺人

,

連続殺人鬼

 今から11年前の2004年2月14日、中国史上最悪の連続殺人鬼だと恐れられた男の死刑が執行された。男の名は楊新海(ヤン・シンハイ)。5年間で67人を殺害、10人を傷害、23人を強姦した罪で有罪となったが、裁判では反省の色をまったく見せず死刑判決が下されたときも顔色ひとつ変えなかった。

xinhaiyang03.jpg
画像は、楊新海「Murderpedia」より

 楊は警察の調べに対して「12人の女には仕事をやるって誘い出して殺した」「少なくとも37人の老女をレイプしたね。中には90歳代の婆さんもいたよ。年寄りを狙うのは押さえ込むのが簡単だからだよ」と自慢げに語り、裁判終了後に行われた中国中央テレビのインタビューでは「殺したりレイプした理由? そんなもんねぇよ。殺したいから殺す。殺せばもっと殺したくなる。被害者には生きる権利があったとか、そんなのオレには関係ねぇ」と遺族の神経を逆なでするような発言をした。「社会の一員になんかなりたくないね。社会なんてオレの知ったことじゃねぇ」と悪態までついた。

 中国全土を震撼させた楊新海。彼はなぜ中国史上最悪の殺人鬼になったのだろうか――。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年11月 2日 03:58 | 返信

この男に同情の余地はないと思うんだけど、ライターは同情してるのか?
かなり感覚を疑うが…。

恋人は裏切った訳じゃないし、男は利発だったわけでもない。
利発なら、貧しかろうとも学校を自ら中退していないはずだ。
(親に「中退して働いてくれ」と頼まれたならともかく。)
貧しくともレストランで働けているなら、明らかに窃盗・スリをした本人が悪い訳で。

過剰な強制労働の刑罰は問題だけど、きっかけとなる犯罪行為自体は
努力によって防げたんじゃないか?
逆恨みするほど理不尽な刑罰なら、2回目の窃盗は起こさなかったはずだ。

いくら約束していたからといって
2度の逮捕歴のある男(=改善の余地のないことが判明した男)との結婚を取りやめる事は自然だし、不思議じゃない。
女性は犯罪者ではない男と結婚を約束していた以上、別に裏切った訳じゃないだろう。
2度目の犯罪によって、更生を待っていた女性を裏切ったのは男の方だ。

唯一、同情できるとしたら
極めて低い判断能力に生まれついてしまったこと。それだけだ。

1:匿名市営安倉南304藤谷ナマポでJC円光!2015年5月28日 22:39 | 返信

汚れたメダリスト内柴も出て来たらコイツやタシロの類

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。