【拒食症】身長170cm体重18キロ ― 米国人女優を「死のダイエット」に駆り立てたものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

 2人はこれまでいくつもの拒食症専門病院へ治療を願い出てみたものの、レイチェルさんが“拒食症患者として最低限の体重”もないことから、治療を拒否されてきた。すでに心不全、腎不全、肝不全に罹り、輸血までしているレイチェルさん。もはや、一刻の猶予もなくなっている。

rachaelfarrokh2.JPG画像は「YouTube」より

■クラウドファンディングで治療費が集まる

 そこで夫婦はクラウドファンディングサイト「GoFundMe」にすべてを賭けることにしたのだ。デンバーにある「The Denver Health Medical Center」はアメリカ国内で唯一、レイチェルさんを受け入れてくれる摂食障害の専門病院だが、治療を受けるにはかなりの費用が必要となる。レイチェルさんは「YouTube」を使い、まさに命がけのアピールに挑んだ!

rachaelfarrokh3.JPG画像は「YouTube」より

 そして、奇跡は起こった――。

 なんと、2,000万円近くの募金が集まったのだ。5月27日に公開されたYouTubeでは、精いっぱいの笑顔を見せるレイチェルさんが「こうして今、私が生きる希望を持っていられるのも、世界中でサポートしてくれる皆さんのおかげです」と御礼のメッセージを送っている。

 今、レイチェルさんは毎日25キロカロリーずつ摂食を始める治療を開始。自宅での治療の後、デンバーの病院へと移送される予定だとCNNは報じている。

「治療に成功して元気になったら、同じような病気で苦しんでいる人たちの助けになりたい」と語るレイチェルさん。彼女のビデオを見て「目が覚めた。トイレで吐くのを止めて、治療をする」と連絡をくれた過食症の少女もいるという。

 摂食障害は治療が難しい病だが、一日も早くレイチェルさんが元気になることを祈念したい。
(文=佐藤Kay)

動画は、CNNより

・「Rachael’s Road to Recovery」レイチェルさんの治療の経過を伝える動画

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?