深夜の泥酔にドカ食い…紺野あさ美の危機的状況は昔から?

関連キーワード:

,

,

深夜の泥酔にドカ食い…紺野あさ美の危機的状況は昔から?の画像1画像は、『紺野あさ美写真集「See you again』(ワニブックス)

 今週発売の「FRIDAY」(講談社/7月3日号)に、ひと目もはばからずに暴飲暴食をするテレビ東京アナウンサー・紺野あさ美(28)の姿がスクープされた。駅や車内でタイ焼きを頬張る姿や、鉄板焼屋を出たあとにラーメン屋へと向かう姿などがキャッチされている。

 06年にモーニング娘。脱退後、慶應義塾大学に進学、11年にテレ東に入社した紺野。順風満帆なキャリアのようにみえるものの、テレ東に入社後1年半ほどから、テレビに映った“ガリガリの腕”が指摘されるなど、激ヤセとドカ食いが噂されるようになり、摂食障害なのでは? と疑われ始めたのだ。

「水卜麻美アナのように、食べて太って、なおかつ人気があるアナウンサーは珍しく、ほとんどの人気アナウンサーが体形を気にしながら、なおかつ激務に耐えて仕事をしています。少しでも痩せたり太ったりすれば『激太り・劣化』と叩かれる世の中ですから、食べることに対してして不自然なほど意識してしまい、その結果、異常な食生活につながってしまうアナウンサーは紺野さんだけではありません」(業界関係者)

 美しさや華やかさも魅力のひとつの女子アナだからこそ、食べることに罪悪感をもってしまうのかもしれない。また、中央線沿線のとある駅周辺で、ちょくちょく深夜に紺野をみかけていたという人物は、彼女の様子についてこう語る。

「彼女は、食べっぷりはもちろんのこと、飲みっぷりもすごい。テレ東に入社してから半年もたたないくらいの時に、飲み屋の前や駅前で泥酔している姿をよく見かけました。大声を出してわめいたり、道路に座り込んだり、誰も声をかけられないほど……というのが何回かありました。飲み屋のママも『大丈夫かな? 仕事のストレスだね』と言っていましたよ。今もあんなに飲んでいなければいいのですが……」

「FRIDAY」の記事では、アナウンサーとしての原稿読みがいまいちで、徐々に番組出演する機会が減ってしまったことや、親しい同僚がいないことなど、仕事のストレスが原因のひとつなのではないかと推測されているが、入社直後から仕事のストレスで深酒・暴食していたとしたら、約4年間そんな生活を続けていることになる。さまざまな可能性を秘めているアイドルアナウンサーだけに、体調にはくれぐれも気をつけてほしいものだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

深夜の泥酔にドカ食い…紺野あさ美の危機的状況は昔から?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル