大物女優以上のスケール?専属スタッフはべらす大御所芸人2人とは?

関連キーワード:

,

,

大物女優以上のスケール?専属スタッフはべらす大御所芸人2人とは?の画像1画像は「超思考 (幻冬舎)」より

 芸能人が“専属スタッフ”をつけていることは珍しくない。女優や俳優ならばメイクやスタイリスト、さらに大物女優になれば専属の照明マンがつく。

 しかし、大御所芸人には意外な専属スタッフがいるという話を聞いた。一体、誰がどのような専属スタッフをつけているのだろうか?

「ビートたけしさんはバラエティ番組出演の際に、専属スタッフが多いことで有名ですね。メイクやスタイリストはもちろんのこと、バラエティ番組に欠かせない“カンペ”を出すフロアディレクターまで専属なんです」(テレビ局関係者)

 カンペとは収録スタジオにおいて出演者に指示を出すカンニングペーパーのことだ。カメラマンの横などに陣取り、大きめの画用紙に書いた文字をタレントに見せて番組進行の補助を行う。

「カンペは通常、番組のADやディレクターによって出されますが、経験の浅いスタッフなどは、カンペを出すタイミングが悪いため、MCは気が散ってしまいがち。たけしはそうなるのが嫌で、専属スタッフをつけています。その人の書いたカンペ以外は読まないとさえ言われています」(同)

 さらに、専属スタッフが多いとウワサの、もうひとりの大御所芸人の話を聞くことができた。

「志村けんさんの場合は、コント収録時になるとメイクや衣装さん、カツラ担当、さらには専属の技術スタッフを引き連れて番組に臨みます。特に5名ほどのカメラマンと、複数のカメラ映像を切り替えるスイッチャーにはこだわっているようです」(番組制作会社プロデューサー)

 ちなみに、カメラの切り替えを多用して撮影されることの多いバラエティ番組の場合、スイッチャーがどのようにカメラを切り替えるかによって面白さが異なるという。志村のお笑いに対する執念は並大抵のものではないようだ。

「タレントの中には制作スタッフにこだわる人が多いのは事実ですが、技術スタッフにまでこだわりを持つのは志村くらいではないでしょうか。しかも、スタッフを本当に大切にするので、スタッフ側も志村についていこうという意識が強いそうです」(同)

 普段はその存在さえ表に出ることがない裏方中の裏方にこだわりを持つとは、さすがはこの世界で数十年にわたって活躍を続ける大御所芸人ならではのエピソードと言えるだろう。これからもスタッフ一丸となって面白い番組を生み出してほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ