【閲覧注意】母親の外出中、子どもたちは侵入者に脳味噌を食われていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
動画は「YouTube」より

 まずは動画をご覧いただこう。母親が外出中のハトの巣に、突然やって来た招かれざる訪問者。米国南西部のソノラ砂漠に生息するキツツキ「サバクシマセゲラ」だ。

 そして2羽の雛の存在を確認したキツツキは、ためらうことなく一心不乱に頭を振りはじめた。鋭いクチバシが、雛の頭に何度も何度も突き刺さる。キツツキは雛の頭に穴を開け、脳みそを貪っているのだ。

ZombieWoodpecker.jpg画像は「YouTube」より引用

 頭から血を流しながらも、時折「止めて!」とばかりに羽をバタつかせる雛。やがて母親が巣に戻ってくるが、時すでに遅し。雛の1羽は巣から落ち、もう1羽は動かなくなっていた。

ZombieWoodpecker_2.jpg画像は「YouTube」より引用

 この光景は、米国アリゾナ州南東部トゥーソンで確認された。エクアドルの雲霧林を主な活動場とし、科学者や学習者の研究を支援するNPO 「Yanayacu Biological Station & Center for Creative Studies」が撮影し、YouTube上に公開したものだ。動画を見たユーザーたちは、

「ああ、何て終わり方だ」
「見るのが辛いな。動物に道徳観はないからね」
「(キツツキが母ハトと目を合わせた時の)顔を見てみなよ」

と一様に自然の厳しさに戦慄を覚えている模様。生物は皆、生きるために食べなければならない。それは同時に他の命を犠牲にすることを意味するが、人間は相手に対する感謝の念とともに死の苦痛をできるだけ和らげるための配慮を見せることがある。しかし、弱肉強食の自然界にそのような慈悲は存在しない。ただ相手の命を奪い、ひたすら食べる。そんな厳しい原則を、まざまざと私たちに見せつける動画だ。
(編集部)


参考:「Yanayacu Biological Station and Center for Creative Studies – Facebook」、
   「Yanayacu Biological Station & Center for Creative Studies」、ほか

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

人気連載
あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

■あなたの“遊ばれやすさ”が判明! 「あなたが想像する“...

関連キーワード

コメント

9:匿名 2017年4月19日 15:42 | 返信

脳みそチュウチュウすったろかって名言思い出したwキツツキこえーwこれはずるい。小鳥無念

8:匿名 2016年11月29日 01:05 | 返信

脳みそを食べるなんて習性はいつからなんだろう?想像しただけで見れなかったけど、妙に恐ろしい習性だなと思うし自然の摂理とは言えやり切れないね。

7:匿名 2016年5月26日 00:48 | 返信

キツツキのつつく勢いが見てるの辛かった…

6:匿名 2015年7月8日 17:35 | 返信

白人さあ
昔骨と脂採るためだけに鯨殺してたじゃん
あれだね

5:匿名 2015年7月8日 16:28 | 返信

内臓を食わずに、わざわざ硬い頭をつつくのにワロタw

4:匿名 2015年7月8日 14:02 | 返信

クソ鳥め唐揚げにして食ってやる

3:匿名 2015年7月7日 20:12 | 返信

なんとも言えんな

2:匿名 2015年7月7日 09:21 | 返信

こういう場面を見ると普段は可愛く感じる円な瞳も恐ろしく感じる。
そして、あれだけつつかれても生きようともがく雛になんと言ったらいいのか分からない気持ちでいっぱいになる。
生き物は人間を含めいつだって残酷だな。
でも、食べなきゃ生きていけない。
わかるんだけど・・・わかるんだけど・・・・・・。

1:匿名 2015年7月7日 03:01 | 返信

生きたまま脳みそだけ食べるのか…。
弱肉強食とはいえ、えげつないなぁ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?