【近親相姦】8歳で父親に強姦され性に目覚めて… 8人の赤ん坊を殺した女=仏

関連キーワード:

 2010年夏。フランスの首都パリから約176km離れたキリスト教の歴史が色濃い町ドゥエーで、ごみ袋に入った赤ん坊の遺体が発見された。発見したのは、中古の家を購入したばかりの男性。庭仕事をしていたところ、ごみ袋が出てきて中から人間の赤ん坊とみられる残骸が出てきたのだ。驚いた男性はすぐに警察に通報。駆けつけた警察官は赤ん坊の遺体に関する手がかりを求めて庭中を掘り起こした。すると、次から次へとごみ袋に入れられた赤ん坊の遺体が出てきた。警察は何らかの事件だとみて捜査を開始。数日後、家のガレージからもごみ袋に入った赤ん坊の遺体が発見され、遺体の数は合計して8体になった。

 警察は男性に家を売却した前の住民が何らかの事情を知っているとみて行方を追った。前の住民の名はでっぷりと太った中年女性で名前はドミニク・コットレ。警察に事情を聞かれたドミニクは涙を流しながら「赤ん坊は自分が産んだ子どもで、父親との近親相姦でできた子じゃないかと思い、恐ろしくなって殺した」と自供した。


■肥満体のドミニクを受け入れてくれた父親

 ドミニクは小さい頃から肥満体で、学校では「デブ」と言われいじめられていた。友達もできず性格が暗くなっていく彼女に、父親は微笑みながら「痩せる必要なんかない。そのままでいいんだよ」と繰り返し諭した。ありのままの自分を受け入れてくれる父親だけいれば大丈夫だと思うようになったドミニクは、父親にどっぷりと依存。農場を経営していた父親と、近隣住民との交流も持たず密に生活するようになった。

 しかし、ドミニクが成長するにつれ、父親は彼女を性的な目で見るようになったとのこと。太っていたからか女らしい体つきになるのが早かったドミニクに父親が襲いかかったのは、彼女がわずか8歳のとき。無理矢理セックスされ、毎晩のように強要されたものの、ありのままの自分を「綺麗だ」と言い愛してくれる父親をドミニクは嫌いになれなず、そのまま成人した。

 その後、結婚し、夫の子どもである2人の娘を出産してからも、父親との性的関係を断ち切ることはできなかったという。

■父親を男として愛してしまったドミニク

【近親相姦】8歳で父親に強姦され性に目覚めて… 8人の赤ん坊を殺した女=仏の画像2画像は、DailyMailより

 なにも理解できなかった子供の頃は、嫌悪感もあった父親とのセックスだが、次第にドミニクは快感を得るようになり、父親を男性として愛するようになった。警察の取り調べに対して、ドミニクは「父親との性交渉は合意のもとで行っていた」と断言し、「夫よりも父の方を愛していた」と語った。

 しかし、どんなに愛していても実父の赤ん坊を出産することがこの上なく恐ろしい罪であることをドミニクは知っていた。また、父との関係を隠している夫や子どもたちとの生活を壊すだろうと恐れた。ドミニクは取り調べで、「最初に父の子を妊娠したと確信したのは1989年のことだった」と供述。体重130kg近いかなりの肥満体で巨体だったドミニクは、妊娠していることを隠し通せたとのこと。夫も子どもたちも近隣住民たちも、看護助手として働いていた病院の同僚も医師も、誰ひとりとして彼女が妊娠しているとは思わなかった。あっという間に臨月をむかえ、産気づいたドミニクは一人で赤ん坊を出産。産んだらすぐに殺そうと、遺体を入れるビニール袋を用意していた彼女は、元気に生まれてきた男児の顔をシーツで覆い、窒息死させた。そして計画通りビニール袋に入れ、クロゼットの奥に押し込み父親に連絡した。そして父親と共に、赤ん坊の遺体を家の庭に埋めた。

 意外と誰にも気がつかれなかったと安心したのか、ドミニクはその後も避妊せず父親とセックスしまくり、再び妊娠。また臨月になるまで放置し、てんかん発作の治療で入院していた病院で産気づき、病院の女子トイレで出産した。産声を聞かれるとまずいと思った彼女は自分の体内から出てきた赤ん坊の首をキュッと絞めて殺害。ビニールシーツとタオルで遺体をぐるぐる巻きにし、入院していた部屋のクロゼットの中に入れ、なに食わぬ顔でいた。遺体は退院時にバッグに入れて持ち帰り、父親と一緒に庭に埋めた。


■赤ん坊を殺すことがある意味避妊

【近親相姦】8歳で父親に強姦され性に目覚めて… 8人の赤ん坊を殺した女=仏の画像3ドミニクの夫(左)「DailyMail」より

 その後、ドミニクは父親の子だと思われる赤ん坊を6人出産し、全員殺して埋めているのだが、いつ、どこで出産し、どのように殺害したかは記憶があいまいだと供述している。釈放中に地元の新聞紙の取材に応じたドミニクは、「殺した赤ん坊には名前すらつけなかった。最初に殺した赤ん坊は男の子だと確認したけど、ほかの赤ん坊は顔すら見なかった。でもゴミ袋に入れた遺体がどんどん冷たくなっていったので、ブランケットをかけてあげたのよ」と語っている。なお、最後の出産は2000年だったそうで、父親が亡くなる2007年まで近親相姦は続いたという。

 赤ん坊とはいえ遺体の腐敗臭は凄まじいもの。面倒なことは後回しにする性格のドミニクは、遺体をすぐに埋めなかったこともあり、夫や子どもたちはさすがに悪臭を感じとっていた。しかし、まさか妻が、母が赤ん坊を出産し殺して隠しているとは夢にも思わず、「下水管からの臭いだろう」「いや、ペットの犬が家のどこかでウンチでもしたのでは?」「パパの足の臭いでしょ!」と軽く考えていた。

 警察の取り調べに対して、「8体の赤ん坊の遺体が出てきたから、8人殺したんだと思うけど、正直、自分でも何人殺したか覚えていない」と述べたドミニク。中絶という選択肢はなかったのかと問われた彼女は、「医者が嫌いで。医者恐怖症だから極力かかりたくなくて」と言った。避妊ピルを飲むことも医者の処方箋がないと入手できないため無理、父親にコンドームをつけてもらうという選択肢もなかったそうで、「赤ん坊を殺すことがある意味で避妊だったの」「避妊しているんだからと罪悪感はなかった」と語り、捜査員たちを絶句させた。司法解剖の結果、赤ん坊たちには外傷はないことが判明。誕生後数秒のうちに窒息死したという結論に至り、ドミニクの供述通り、彼女が8人の赤ん坊全員を殺害したとして起訴された。


■ドミニクが育てた娘と家族

【近親相姦】8歳で父親に強姦され性に目覚めて… 8人の赤ん坊を殺した女=仏の画像4画像は、DailyMailより。次女バージニア

 ドミニクが出産した夫との間にもうけた2人の娘はすでに成人している。28歳になる長女エメラインには7歳の息子、ドミニクの孫にあたる子どもがいる。ドミニクと夫は、エメラインと孫息子と一緒に暮らしており、意外なことに、家族仲はよいようだ。しかし、ドミニクは「わたしが心から妊娠を喜び、幸せな妊婦生活をおくれたのはエメラインだけだった」と明かし、27歳になる次女バージニアからの妊娠、妊婦生活は苦痛だったと明かしている。

 ドミニクは事件発覚後、2年間仮拘留された後、2012年に仮釈放され、その後、第一級殺人罪を問う刑事裁判が行われた。2015年、裁判が大詰めを迎えると欧米のメディアはこの事件をこぞって報道。夫や娘たちも裁判所に駆けつけ、「母は世界一の母だ」と証言。終始涙を流すドミニクをサポートした。検察は最低でも禁錮18年の終身刑(18年で仮釈放)を求刑。陪審員は「殺害時、ドミニクの精神状態は限界に達していた」「最初の嬰児殺しは計画的なものではなく突発的なものだった」とみなし、裁判官は7月2日、ドミニクに禁錮9年の終身刑という判決を下した。

 フランスでは近年、母親による嬰児殺し事件が世間を騒がせている。2009年には韓国に一家で在住していたフランス人女性が、3人の赤ん坊を「これ以上、子どもを育てられない」という理由で殺害し、うち2人の遺体を冷蔵庫で保管。裁判で禁錮8年という刑が下された。2010年にも6人もの新生児を殺害したフランス人女性に禁錮15年という判決が下っている。

 あまりにも身勝手な母親による嬰児殺害事件。妊娠検診を受けず、密かに出産し、すぐに殺してしまえば誰も分からないことから、今後も、この手の事件はなくなることはないと見られている。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【近親相姦】8歳で父親に強姦され性に目覚めて… 8人の赤ん坊を殺した女=仏のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル